Home > 京滋・北陸

京滋・北陸 Archive

10月 1日


DSC01563_convert_20171001204006.jpg

J R踏切のすぐ横が

DSC01571_convert_20171001204020.jpg

「 腹帯 ( ふくたい ) 地蔵 」

安産を祈願する者ことごとく不思議の御利益あり。

DSC01628_convert_20171001204056.jpg

「 伏見稲荷 」 のとなりに

DSC01582_convert_20171001204144.jpg

「 ぬりこべ地蔵 」

DSC01609_convert_20171001205053.jpg

元は塗り壁の立派なお堂におわしたという説と、病気を塗り込める、が

なまったという説がある。祈願の葉書を書いて送ると歯痛が治る。

DSC01634_convert_20171001205501.jpg

有名な伏見稲荷の千本鳥居。実際は8千本とも1万とも言われるが、

ここ、江戸期から続く 「 長谷川工務店 」 が独占的に建ててくれる。

気になるお値段は大きさ次第。20万弱から100万超まで6タイプあります。

  DSC01632_convert_20171001210626.jpg
 
   今日は食たろ思って来たけど、どの角度から見てもそそらない。  

DSC01648_convert_20171001205544.jpg

如来が高位から悟りを説く存在とすれば、地蔵は衆生の生活に分け入り、

共に泣き悩み、その煩悩を一手に引き受けよおとするスーパーマンなのです。

「 このハゲ! 」 などと叫ぶ輩は六道に迷い輪廻の不退転を成し得ないのです。

DSC01665_convert_20171001205632.jpg

え? 地蔵は禿頭でしょ。で、世界遺産 「 清水寺 」 の門前に

DSC01686_convert_20171001211920.jpg

「 首ふり地蔵 」 

DSC01698_convert_20171001212052.jpg DSC01695_convert_20171001212121.jpg

首がゴロゴロ音を立て360度回る。人の良すぎる幇間 ( お座敷の太鼓持ち )

が他人の借金を肩代わりしたあげく極貧で亡くなった。哀れに思った芸者衆が

お金を出し合い地蔵を寄進したとか。皆知らないから隠れスポットですよ!

DSC01722_convert_20171001212952.jpg

二年坂から産寧坂をたらたら下ると、

DSC01742_convert_20171001213006.jpg

ネコ。 ” 耳をケガしています。修理中! さわらないでね ”

DSC01757_convert_20171001213052.jpg

バロン吉元なっつかしいな。 「 どん亀野郎 」 「 高校四年 」 耽溺したなァ。

山松ゆうきちや新田たつおも好きなんだけど誰とも話が合わんからこれでやめる。

DSC01769_convert_20171001213119.jpg

ここのわらび餅は食べる前から です。 「 洛匠 ( らくしょう ) 」 。

DSC01761_convert_20171001214116.jpg

傘に隠れて何か書いている。

DSC01784_convert_20171001214145.jpg

原了郭 ( はらりょうかく ) のカレー屋閉めたって!

やってるのはJ R京都駅のんだけだって!

DSC01796_convert_20171001214206.jpg

第二目標がある。

DSC01809_convert_20171001214231.jpg

錦 ( にしき ) 市場。黒門と同じで立ち食いストリートに化けてる。

DSC01810_convert_20171001214841.jpg

「 ガーネッシュ 」 とよほど相性悪いな。15時まで営業で今15時4分・・・。

DSC01834_convert_20171001215403.jpg

「 御金神社 」

DSC01837_convert_20171001215512.jpg

シマタ 「 みかねじんじゃ 」 や! ジモティに道訊いた時 

  「 おかねじんじゃどこですか? 」 

言うてもた。またひとりガメコイやつが・・、思われたね。

DSC01850_convert_20171001215548.jpg

絵馬が欲のマタンゴ。


   「 LOTO当たりますように 」

   「 万馬券大爆発!! 」

   「 お金に困らずたくさん入ってきますように 」


DSC01873_convert_20171001220402.jpg

京都500軒の有名料亭やレストランにお酢を卸してる

「 齋 ( いつき ) 造酢店 」 。 老舗ほど目立たないのが京都。

DSC01908_convert_20171001220541.jpg

「 壬生寺 ( みぶでら ) 」 

DSC01912_convert_20171001221658.jpg

名前でお分かりの通り、ここは 「 壬生狼 ( みぶろ ) 」 と揶揄された

新選組の面々が訓練したり血なまぐさい惨殺劇を演じた舞台なのです。

DSC01932_convert_20171001220624.jpg

” 出開帳 ( でがいちょう ) ” とは ” レンタル地蔵 ” 。

地蔵さんのおらぬ町内に志納金3千円でお盆期間貸出します。

DSC01938_convert_20171001220659.jpg

水彩絵の具 ( 油性はダメ! ) でお化粧したり涎掛けをつけてもオケ。

お盆前に入魂します。どなたをお借りしてもよいのです。

DSC01923_convert_20171001220713.jpg

境内には入居一時金3千万台を中心とした有料老人ホームもあって、

寺院経営は順調なよおですポクポク。 ( 木魚の音 )

   DSC01956_convert_20171001222902.jpg

    帰りの道すがらこんなお地蔵さんを発見しました。

DSC01959_convert_20171001222922.jpg

猿、かな?

DSC01967_convert_20171001222959.jpg

「 原了郭 京都駅八条口店 」  

DSC01974_convert_20171001223025.jpg


” 人気№1 とり天カレー ” をチョイス。黒七味をかけるのがお薦めだって。

カレーの甘さ VS 七味の辛さ。とり天のふっくら VS 九条ネギのぬっちり。

空腹を考慮して満は控えよっと。でも相当に美味いです! 1296円。


              

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

 9月 4日


DSC03304_convert_20160904193405.jpg

吾子 ( あこ ) らよ健やかに育て、なんて全然思わない。

DSC03314_convert_20160904193431.jpg

JR 「 鯖江 ( さばえ ) 」  ( 福井県 )

DSC03649_convert_20160904193459.jpg

国産メガネフレームの9割を生産するのがここ、鯖江。

あなたのメガネもまず鯖江。

DSC03576_convert_20160904193541.jpg

「 めがねミュージアム 」 ( 無料 )

DSC03592_convert_20160904193653.jpg

歴史や製造についてゆる~く学習。

DSC03606_convert_20160904194342.jpg

ストラップ作りの体験教室もあります。

DSC03611_convert_20160904230145.jpg

この辺りは日本有数の豪雪地帯で、人々は農閑期の産業を求めてました。

街の名士増永五左衛門は少ない初期投資で始められるメガネ作りに着目。

職人たちはお互い切磋琢磨し、より質の高いものが作られるよおになった。

例えばレンズの間の ” 鼻パッド ” 。 福井の人の発明だそおです。

DSC03628_convert_20160904194456.jpg

市内をテクる。人がおりません。

DSC03351_convert_20160904194518.jpg

駅ナカの喫茶&図書のお店。

DSC03335_convert_20160904194534.jpg

名物越前おろしそば。 ( 600円 )

DSC03325_convert_20160904194555.jpg

コミュニティバス 「 つつじバス 」

DSC03403_convert_20160904195330.jpg

半時間で 「 うるしの里会館 」 。

コミュニティバスだから一律100円でありがたい。

DSC03363_convert_20160904195509.jpg

うるしについて

DSC01706_convert_20160904210418.jpg

ゆる~く学習。

DSC03369_convert_20160904200853.jpg

うるしのくろめ道具。生うるしを手作業で攪拌するのである。

DSC03384_convert_20160904195418.jpg

物販コーナーが充実してて、数百円のものから特注品まで雑多。

DSC03556_convert_20160904195610.jpg

越前塗山車。

DSC03408_convert_20160904201153.jpg

ここ河和田 ( かわだ ) 地区は国内業務用漆器の8割を生産している。

あなたのお椀も河和田かも?

DSC03414_convert_20160904201231.jpg

ジモティに愛され続け、昨秋53年の歴史に終止符を打った 

「 やまぎし食堂 」 が1日だけ復活! ラーメンと冷やし中華のみ。

DSC03423_convert_20160904201305.jpg

一大イベントらしく、食ってる横から撮られる。

DSC03430_convert_20160904201357.jpg

ラーメン 500円

ローヤルさわやか 150円

DSC03536_convert_20160904202624.jpg

橋のほとんどが朱塗り。いくつかは擬宝珠 ( ぎぼし ) 。

ぎぼしってワカル? 欄干の帽子のことだよ。

DSC03469_convert_20160904202422.jpg

” のぼるな! ” って書いてあるから新式滑り台じゃないなァ。

漆器を乾かす台だと思うのね。

DSC03479_convert_20160904202510.jpg

高台の神社から街を一望。

DSC03564_convert_20160904203413.jpg

鯖江には 「 西山動物園 」 ( 無料 ) があって、レッサーパンダが

7匹おります。バスのラッピングやおみやげまんじゅうになってます

DSC03662_convert_20160904222556.jpg

お帰るよ。

DSC03692_convert_20160904203533.jpg

そんで、

DSC03707_convert_20160904203600.jpg


「 かわいい水族館 」 のその後。



          木戸銭

     

 1月10日


DSC00087_convert_20160110212213.jpg

丹波篠山 ( たんばささやま ) 

DSC00101_convert_20160110212222.jpg


DSC00118_convert_20160110212250.jpg

福知山 ( ふくちやま ) 

DSC00116_convert_20160110212352.jpg


DSC00151_convert_20160110212407.jpg

J R 「 東舞鶴 ( ひがしまいづる ) 」

DSC00165_convert_20160110212743.jpg

意外と大きな商店街。

DSC00176_convert_20160110212807.jpg

 鴨。

DSC00180_convert_20160110212910.jpg

パンをやるのだが、手前のカモメが全部奪って話にならない。

DSC00207_convert_20160110212941.jpg

遊覧船は冬季休業。 ( 残念 )

DSC00219_convert_20160110213401.jpg

「 赤レンガ倉庫群 」

DSC00229_convert_20160110213415.jpg

旧海軍の兵器庫だった。今は展示スペースや交流の場として活用中。

DSC00239_convert_20160110213433.jpg

しゃびしゃびの海軍カレー。海軍と言えばカレー。その伝統は今でも

” 金曜日はカレーの日 ” として海上自衛隊に引き継がれている。

DSC00240_convert_20160110213445.jpg

薄~いじうすと、なぜかサブレがついてくる。 ( 730円 )

DSC00306_convert_20160110214019.jpg

振袖に黒の礼服。ワイもこんな頃があったよおな・・・ 

( 記憶が風化している )

DSC00384_convert_20160110214150.jpg

58番の札をもらう。

DSC00352_convert_20160110214210.jpg

ヘリ搭載型護衛艦 「 ひゅうが 」 。 横須賀から転籍してきました。

DSC00344_convert_20160110214754.jpg

補給艦 「 ましゅう 」

DSC00341_convert_20160110220334.jpg

これで陸 ( おか ) へ繰り出すらしい。

DSC00375_convert_20160110215119.jpg

ミサイル艇 「 はやぶさ 」 の対船誘導弾連装発射筒。

DSC00387_convert_20160110215141.jpg

海自御用達 「 元気バッチリⅡ 」  ( 136円 )

DSC00283_convert_20160110222342.jpg

「 マリンボウル 」

DSC00274_convert_20160111013450.jpg

外観だけ見ると廃業放置だが、はやってないこともない。

DSC00430_convert_20160110220547.jpg

「 赤れんが博物館 」 ( 300円 )

DSC00416_convert_20160110220608.jpg

1階が世界中から集めたレンガなら、2階はもお徹頭徹尾日本中から

集めたレンガ。中之島公会堂や網走監獄のもある。ま、300円だし。

DSC00211_convert_20160110220646.jpg

舞鶴は天然の良港で、昔から海軍基地になりーの、定期船が通いーの、

歴史があるんだ。引揚者を待つ 「 岸壁の母 」 は知ってるね? ね?

DSC00436_convert_20160110220633.jpg

♪ 母は来まし~た~  今日も来た~   この岸壁に  今日も来た~

 届かぬ願いと知りながら もしやもしやに もしやもしやに ひかされて~

                        ( 二葉百合子 「 岸壁の母 」 )

DSC00444_convert_20160110220721.jpg

舞鶴、初めてです。

DSC00469_convert_20160110220741.jpg


  オミヤゲ。


 

Home > 京滋・北陸

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top