Home > シネマ2009

シネマ2009 Archive

シネマ2009


091109_avatar_sub5_convert_20091223184625.jpg

J・キャメロン監督12年ぶりの超大作  

「  アバター  」   (  2009米  ) 。

些細なディテールが目も眩む壮大さに変幻する重量感!疾走感!

お約束的な場面は多々あるが、アバターとエイリアンの恋にウルウル。

でも結局は戦いになるのね。 

sub2_large_convert_20091220175126.jpg

「   牛の鈴音   」   (  2008韓  )

40歳のチョー高齢牛と暮らす老夫婦を三年余りかけて追った作品。

地を這う重労働、容赦無き老い。トトロの風景がのっぴきならぬものに

支えられてると気付くとき、ワイら都会人には 「 泣く 」 資格も

ありゃしない。基本的に一色に染まるを良しとしないブログだけど、

今回は手放しで褒めるよ。 

c-ks_convert_20091218143444.jpg

「   宇宙戦艦ヤマト 復活篇   」   (  2009東宝  )

サンパツ嫌いのススム君 今日も悪者退治です テフロン加工の戦艦で 

チープな愛の叩き売り感動巨編か手前勝手なヨタ話か、人生に疲れちまった

ワイにはワカラン。故宮川泰先生の音楽に震える。

2012-2_convert_20091201074208.jpg

「   2012   」   (  2009米  )

ノストラダマシの次はマヤの予言で人類滅亡? これはドカーンバリバリ

おまけにグヮシャーンな映画。崩壊家族とディザスターのブレンドは

ハリウッドの定番なれど、エメリッヒ監督のサジ加減が見事。

小さな真実を積み重ねると大きな嘘になるのね。157分。 

020_convert_20091108202954.jpg

マーダー、リンチ、カニバリズム。人は人として生まれたのか? 

否。 人になるのだ。

019_convert_20091108202731.jpg

あまりの硝煙と虐殺と酷似したキャラ達で、奇跡どころか話さえ見えない。

DSC01811_convert_20091102164659.jpg

「 私は猫ストーカー 」 。 ヒロインのハルを始め非生産的な人々が

猫にかまい続ける物語。サントラをかぶせて持っていく強引さが皆無。

人は背中で、猫は全身で言葉を作る。こちとらひたすら五感を澄ませて

気配を得る、あ、それって猫じゃん。ゆるやかな微笑が持続する映画。 






  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > シネマ2009

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top