FC2ブログ

Home > 兵庫・山陽

兵庫・山陽 Archive

12月17日


DSC08221_convert_20171217191638.jpg

JR 「 篠山口 ( ささやまぐち ) 」

DSC08224_convert_20171217191652.jpg

氷が張っている。

DSC08232_convert_20171217191719.jpg

丹波篠山で、皆さん何を思い浮かべます?


   ①  ぼたん鍋

   ②  栗

   ③  黒豆


あと名物を食べながら走る篠山マラソン。

DSC08234_convert_20171217191737.jpg

ちょっとオーナーのセンスとしていかがなものか?

 ( 黒い板には、今日も元気で ・ おかえりなさい、と読める )

DSC08251_convert_20171217192637.jpg

「 ケアステーション くろまめ 」

DSC08316_convert_20171217192708.jpg

「 遊び村冒険広場ささやま 」

DSC08272_convert_20171217192753.jpg

放置っぷりがスサマジイ。

DSC08273_convert_20171217192841.jpg

ハラハラドキドキアスレチックというが、別の意味でハラハラである。

DSC08300_convert_20171217193626.jpg

11年にNPO法人が ” 子供達に生きる力を ” との理想を掲げ開設し、

市長訪問やマスコミの取材を受けた様子が色あせた写真に伺える。

子供達は ” バベQ ” や ” 流しそめん ” で笑顔満面だ。

DSC08286_convert_20171217193732.jpg

静寂の中、生き物の気配! ネコである。歯をむいてうなる。

失礼だが、ほとんど探偵ナイトスクープレベルと言わざるを得ない。

DSC08312_convert_20171217193816.jpg

となりのハイツには 「 不審者注意 」 の看板。

DSC08317_convert_20171217195400.jpg

「 JA丹波篠山 味土里 ( みどり ) 館 」

DSC08326_convert_20171217195523.jpg

ジモティが圧倒的に多い。肥料や種も買える。

DSC08340_convert_20171217195642.jpg

黒豆トリオで625円。 

DSC08355_convert_20171217195720.jpg

篠山 ” 口 ” とは本当で、市街地まで徒歩1時間でも着かないヒイハア。

DSC08380_convert_20171217205356.jpg

おっと。

 DSC08397_convert_20171217195842.jpg

 あらら。

DSC08478_convert_20171217200243.jpg

本日の目的地 「 篠山城址 」 。

DSC08470_convert_20171217200312.jpg

1609 ( 慶長14年 ) 大坂城包囲の為家康は篠山城築城を命じた! 

「 でも堅固過ぎてはならぬ。一部取り壊せ! 」 ワガママ狸である。

DSC08429_convert_20171217201613.jpg

二の丸跡。

DSC08446_convert_20171217201735.jpg

天守台跡。

DSC08486_convert_20171217201757.jpg

「 大正ロマン館 」 でこんなの購入。 ( 1個540円 )

DSC08495_convert_20171217201818.jpg

「 歌舞伎町のゴジラよりオレの方が強いぞ!! 」

DSC08523_convert_20171217202232.jpg

ちょうど今、11月から3月にかけてがぼたん鍋のシーズンで、

生が食える。 ( 他の月は冷凍物 ) 通りは鍋屋がひしめく。

DSC08540_convert_20171217202429.jpg

なにしろ野生ゆえ、お値段はホレ、高いでしょ。

DSC08559_convert_20171217202301.jpg

廉価なところで妥協。しし肉丼1100円。

DSC08549_convert_20171217202349.jpg

ダメンズなしし肉が大量に入ってて悪くない。エエのをちょっとより

こっちの方が美味しい。で、やっぱ固いし、野生独特の味とはこれか。

DSC08521_convert_20171217202405.jpg

あと黒豆マフィン。 ( 280円 )

DSC08565_convert_20171217203926.jpg

ジモティのオッサンどおし


  「 ウチ自動ドアやねん 」

  「 いつも開けっ放しやろ 」

  「 ワハハたまに閉める 」


吞気ですなァ。

DSC08599_convert_20171217203958.jpg


結論。551の豚まんとシューマイは同じ具。


     

 8月 7日


DSC00090_convert_20160806211126.jpg

徳川2代将軍秀忠 ( ひでただ ) 。

「 夏の陣で荒れ果てた大阪城を再築せよ! 」

DSC00097_convert_20160806211201.jpg

三十余国の西国大名に命が発せられ、石垣に使われる巨石が

続々大坂へ。その多くは讃岐小豆島や備前岡山からやって来た。

DSC00495_convert_20160807210128.jpg

JR 「 笠岡 ( かさおか ) 」 ( 岡山県 )

DSC00511_convert_20160807210144.jpg

1時間20分待ち。しかも目的地と反対の港に着くんだ。

DSC00532_convert_20160807210217.jpg

笠岡にはもおひとつ発着場があって、ええっ2時間半待ち?

DSC00559_convert_20160807210305.jpg

とくさんは難しい判断を迫られる。

 ①  11:20で目的地よりはるか離れた港にご到着

 ②  13:00で目的地が目の前の港に到着

 ③  倉敷辺りでおみやげなど物色してご帰宅

DSC00561_convert_20160807210321.jpg

カブトガニ。

DSC00572_convert_20160807212051.jpg

① を選択。

DSC00578_convert_20160807212210.jpg

神島 → 高島 → 白石島と島伝いに南下。

DSC00586_convert_20160807213441.jpg

「 北木島 ( きたぎしま )  」

DSC00592_convert_20160807212850.jpg

漫才コンビ 「 千鳥 」 の片方の出身地らしく、

あちこちにポスターが貼ってあるが、ワイはよく知らない。

DSC00596_convert_20160807212909.jpg

海水浴場の青空喫茶店で聞くと 「 山越えの近道行けばいいよ! 」

水道水飲ませてくれて ( ペットボトル売ってない ) 地図までくれた謝。

DSC00623_convert_20160807213508.jpg

メッサしんどかったけど、海岸線8キロに比べこっちは半時間。

DSC00631_convert_20160807215236.jpg

北木産の花崗岩は ” 北木石 ” として質の良さが定評で、

大阪城の石垣や東京の日本銀行本店に使用されている。

DSC00637_convert_20160807215256.jpg

「 メビウスの輪 」

DSC00681_convert_20160807215459.jpg

閉鎖された採石場 ( 丁場と言う ) に山から

染み出た水が溜まり、不思議な景観を呈している。

DSC00650_convert_20160807215625.jpg

水の色で、相当な深さだとお解りであろう。

DSC00684_convert_20160807221158.jpg

かつての繁栄を偲ばせる。

DSC00688_convert_20160807221226.jpg

廃棄された加工場。最盛期には島全体で127か所の

採石場があった。現在は2社が営業するのみ。

DSC00699_convert_20160807221247.jpg

きのうまで働いてたよおだが、うず高く埃が積もっている。

DSC00698_convert_20160807221300.jpg

なぜか鯉。

DSC00708_convert_20160807221401.jpg

団体様に紛れ込んで、百円コーヒーなど頂く。 ( ちゃんと払った )

DSC00712_convert_20160807222323.jpg

裏手に映画館。島民人口は894人 ( 16年3月現在 ) だが、

若者や島外からの移住者を中心に様々な町おこしが実現中である。

DSC00735_convert_20160807222344.jpg

採石場。

DSC00759_convert_20160807222446.jpg

怖~!

DSC00767_convert_20160807223405.jpg

ハンパなく怖い。マジ怖い。足元が砕石の斜面だから滑ったら終わり。

ここに水が溜まるんだからさきほどの湖がいかに深いかお解りであろう。

DSC00780_convert_20160807223503.jpg

オトンと息子さん。見てたオカンによると、この辺の子供は水着など

着ないそお。そのまま泳いで勝手に乾く。 「 洗濯手間でしょ? 」

そりゃそーだ。児童数は小中合わせ8人だけど、家族付き合いだって。

DSC00806_convert_20160807223615.jpg

島内唯一の雑貨店 「 ストアーつるた 」 閉まってる。

オリンピックの新聞と、猫タンがいるの、ワカル?

DSC00822_convert_20160807223648.jpg

パンツ早着替えショー!!

DSC00832_convert_20160807223714.jpg

オモロやった。

DSC00847_convert_20160807223729.jpg


24時間ぶりの食事。島内にないんだもの。


       

 7月31日


DSC09676_convert_20160731194309.jpg

猫 + 尾道 = 女子旅、って不動の公式が不愉快。

DSC09681_convert_20160731194343.jpg

中年男 in 尾道、とか、ロマンスグレーの猫旅、とか、あっていいと思う。

DSC09726_convert_20160731194608.jpg

しかーしこの街には ” 尾道ラーメン ” がある!!

でもタイヘンな長蛇と暑さで、頭がゆでたまごみたいになるの。

DSC09734_convert_20160731194837.jpg

美味しいなんて言ったら大阪中のラーメン屋から怒られる。840円。

DSC09720_convert_20160731200114.jpg

お猫を新たな観光資源と決めたらしく、商店街もグッズ満載。

DSC09750_convert_20160731200153.jpg

でもさすがにこの暑さ。海は猫の子一匹いない。

DSC09794_convert_20160731213924.jpg

必然山だが、これがキツイんだ。

DSC09772_convert_20160731200349.jpg

「 猫の小道 」 てのがあるらしく、ナマ猫や猫石を堪能できるそお。

DSC09995_convert_20160731200410.jpg

体が臭ってきた。鮒ずしの臭いです。これでは猫が逃げる。

DSC09806_convert_20160731201332.jpg

この街のクロネコヤマトはすごいよ。見てるとそりゃ、スゴイんだから。

DSC09824_convert_20160731201419.jpg

第一ネコビト発見!!

DSC09823_convert_20160731201456.jpg

「 港ねこ町銀猫堂 」 さんちでお昼寝中。

DSC09859_convert_20160731202104.jpg

千光寺 ( せんこうじ ) 山へ上ってみる。 ( 320円 )

DSC09865_convert_20160731202154.jpg

なんじゃあ?

DSC09867_convert_20160731202226.jpg

なんやねん!

DSC09878_convert_20160731202251.jpg

” 恋人の聖地 ” に認定されたそおで、1080円の 

” 愛かぎ ” を買い、例の如く柵に取り付ける手順。

DSC09908_convert_20160731203352.jpg

展望台。

DSC09897_convert_20160731203420.jpg

双眼鏡はお約束通り故障してるんだが、

さすがに風がヒンヤリして下界とは別世界である。

DSC09904_convert_20160731203502.jpg

まじめなみかん味。 「 貧食亭 」 としてはお薦め。 ( 300円 )

DSC09912_convert_20160731204227.jpg

さきほど登場した駅長の恋敵 「 あっくん 」 。 ( バカだね~ )

DSC09921_convert_20160731204316.jpg

「 猫の小道 」 スタートぉ! さて、この後お猫に逢うでしょうか?


 ①  逢う

 ②  逢わない


DSC09929_convert_20160731204728.jpg

鎖修行。 ( 奉納料100円 )

DSC09933_convert_20160731204748.jpg

あっこれは危険だ! 皆さんは真似しちゃダメ!

DSC09943_convert_20160731204847.jpg

アララギ派の歌人中村憲吉の旧居。

DSC09976_convert_20160731205238.jpg

志賀直哉旧居。

DSC09968_convert_20160731205317.jpg

文人ゆかりの地を巡る散策もまた楽しいですよ。

それに車が通らない。その代わり、ウン、道は盲腸。

DSC09992_convert_20160731205415.jpg

オサレなカフェも、ほら。

DSC09988_convert_20160731205358.jpg

ここは猫グッズ置いてます。

DSC00008_convert_20160731210522.jpg

前回廃業してたお風呂屋さん、外観そのままにおみやげ屋。

DSC00015_convert_20160731210608.jpg

なんか買います。

DSC00025_convert_20160731210715.jpg

交番のひさしをよく見たら、

DSC00034_convert_20160731210729.jpg


猫石。 ( タブン )


 

Home > 兵庫・山陽

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top