Home > 兵庫・山陽

兵庫・山陽 Archive

 8月 7日


DSC00090_convert_20160806211126.jpg

徳川2代将軍秀忠 ( ひでただ ) 。

「 夏の陣で荒れ果てた大阪城を再築せよ! 」

DSC00097_convert_20160806211201.jpg

三十余国の西国大名に命が発せられ、石垣に使われる巨石が

続々大坂へ。その多くは讃岐小豆島や備前岡山からやって来た。

DSC00495_convert_20160807210128.jpg

JR 「 笠岡 ( かさおか ) 」 ( 岡山県 )

DSC00511_convert_20160807210144.jpg

1時間20分待ち。しかも目的地と反対の港に着くんだ。

DSC00532_convert_20160807210217.jpg

笠岡にはもおひとつ発着場があって、ええっ2時間半待ち?

DSC00559_convert_20160807210305.jpg

とくさんは難しい判断を迫られる。

 ①  11:20で目的地よりはるか離れた港にご到着

 ②  13:00で目的地が目の前の港に到着

 ③  倉敷辺りでおみやげなど物色してご帰宅

DSC00561_convert_20160807210321.jpg

カブトガニ。

DSC00572_convert_20160807212051.jpg

① を選択。

DSC00578_convert_20160807212210.jpg

神島 → 高島 → 白石島と島伝いに南下。

DSC00586_convert_20160807213441.jpg

「 北木島 ( きたぎしま )  」

DSC00592_convert_20160807212850.jpg

漫才コンビ 「 千鳥 」 の片方の出身地らしく、

あちこちにポスターが貼ってあるが、ワイはよく知らない。

DSC00596_convert_20160807212909.jpg

海水浴場の青空喫茶店で聞くと 「 山越えの近道行けばいいよ! 」

水道水飲ませてくれて ( ペットボトル売ってない ) 地図までくれた謝。

DSC00623_convert_20160807213508.jpg

メッサしんどかったけど、海岸線8キロに比べこっちは半時間。

DSC00631_convert_20160807215236.jpg

北木産の花崗岩は ” 北木石 ” として質の良さが定評で、

大阪城の石垣や東京の日本銀行本店に使用されている。

DSC00637_convert_20160807215256.jpg

「 メビウスの輪 」

DSC00681_convert_20160807215459.jpg

閉鎖された採石場 ( 丁場と言う ) に山から

染み出た水が溜まり、不思議な景観を呈している。

DSC00650_convert_20160807215625.jpg

水の色で、相当な深さだとお解りであろう。

DSC00684_convert_20160807221158.jpg

かつての繁栄を偲ばせる。

DSC00688_convert_20160807221226.jpg

廃棄された加工場。最盛期には島全体で127か所の

採石場があった。現在は2社が営業するのみ。

DSC00699_convert_20160807221247.jpg

きのうまで働いてたよおだが、うず高く埃が積もっている。

DSC00698_convert_20160807221300.jpg

なぜか鯉。

DSC00708_convert_20160807221401.jpg

団体様に紛れ込んで、百円コーヒーなど頂く。 ( ちゃんと払った )

DSC00712_convert_20160807222323.jpg

裏手に映画館。島民人口は894人 ( 16年3月現在 ) だが、

若者や島外からの移住者を中心に様々な町おこしが実現中である。

DSC00735_convert_20160807222344.jpg

採石場。

DSC00759_convert_20160807222446.jpg

怖~!

DSC00767_convert_20160807223405.jpg

ハンパなく怖い。マジ怖い。足元が砕石の斜面だから滑ったら終わり。

ここに水が溜まるんだからさきほどの湖がいかに深いかお解りであろう。

DSC00780_convert_20160807223503.jpg

オトンと息子さん。見てたオカンによると、この辺の子供は水着など

着ないそお。そのまま泳いで勝手に乾く。 「 洗濯手間でしょ? 」

そりゃそーだ。児童数は小中合わせ8人だけど、家族付き合いだって。

DSC00806_convert_20160807223615.jpg

島内唯一の雑貨店 「 ストアーつるた 」 閉まってる。

オリンピックの新聞と、猫タンがいるの、ワカル?

DSC00822_convert_20160807223648.jpg

パンツ早着替えショー!!

DSC00832_convert_20160807223714.jpg

オモロやった。

DSC00847_convert_20160807223729.jpg


24時間ぶりの食事。島内にないんだもの。


       

 7月31日


DSC09676_convert_20160731194309.jpg

猫 + 尾道 = 女子旅、って不動の公式が不愉快。

DSC09681_convert_20160731194343.jpg

中年男 in 尾道、とか、ロマンスグレーの猫旅、とか、あっていいと思う。

DSC09726_convert_20160731194608.jpg

しかーしこの街には ” 尾道ラーメン ” がある!!

でもタイヘンな長蛇と暑さで、頭がゆでたまごみたいになるの。

DSC09734_convert_20160731194837.jpg

美味しいなんて言ったら大阪中のラーメン屋から怒られる。840円。

DSC09720_convert_20160731200114.jpg

お猫を新たな観光資源と決めたらしく、商店街もグッズ満載。

DSC09750_convert_20160731200153.jpg

でもさすがにこの暑さ。海は猫の子一匹いない。

DSC09794_convert_20160731213924.jpg

必然山だが、これがキツイんだ。

DSC09772_convert_20160731200349.jpg

「 猫の小道 」 てのがあるらしく、ナマ猫や猫石を堪能できるそお。

DSC09995_convert_20160731200410.jpg

体が臭ってきた。鮒ずしの臭いです。これでは猫が逃げる。

DSC09806_convert_20160731201332.jpg

この街のクロネコヤマトはすごいよ。見てるとそりゃ、スゴイんだから。

DSC09824_convert_20160731201419.jpg

第一ネコビト発見!!

DSC09823_convert_20160731201456.jpg

「 港ねこ町銀猫堂 」 さんちでお昼寝中。

DSC09859_convert_20160731202104.jpg

千光寺 ( せんこうじ ) 山へ上ってみる。 ( 320円 )

DSC09865_convert_20160731202154.jpg

なんじゃあ?

DSC09867_convert_20160731202226.jpg

なんやねん!

DSC09878_convert_20160731202251.jpg

” 恋人の聖地 ” に認定されたそおで、1080円の 

” 愛かぎ ” を買い、例の如く柵に取り付ける手順。

DSC09908_convert_20160731203352.jpg

展望台。

DSC09897_convert_20160731203420.jpg

双眼鏡はお約束通り故障してるんだが、

さすがに風がヒンヤリして下界とは別世界である。

DSC09904_convert_20160731203502.jpg

まじめなみかん味。 「 貧食亭 」 としてはお薦め。 ( 300円 )

DSC09912_convert_20160731204227.jpg

さきほど登場した駅長の恋敵 「 あっくん 」 。 ( バカだね~ )

DSC09921_convert_20160731204316.jpg

「 猫の小道 」 スタートぉ! さて、この後お猫に逢うでしょうか?


 ①  逢う

 ②  逢わない


DSC09929_convert_20160731204728.jpg

鎖修行。 ( 奉納料100円 )

DSC09933_convert_20160731204748.jpg

あっこれは危険だ! 皆さんは真似しちゃダメ!

DSC09943_convert_20160731204847.jpg

アララギ派の歌人中村憲吉の旧居。

DSC09976_convert_20160731205238.jpg

志賀直哉旧居。

DSC09968_convert_20160731205317.jpg

文人ゆかりの地を巡る散策もまた楽しいですよ。

それに車が通らない。その代わり、ウン、道は盲腸。

DSC09992_convert_20160731205415.jpg

オサレなカフェも、ほら。

DSC09988_convert_20160731205358.jpg

ここは猫グッズ置いてます。

DSC00008_convert_20160731210522.jpg

前回廃業してたお風呂屋さん、外観そのままにおみやげ屋。

DSC00015_convert_20160731210608.jpg

なんか買います。

DSC00025_convert_20160731210715.jpg

交番のひさしをよく見たら、

DSC00034_convert_20160731210729.jpg


猫石。 ( タブン )


 

 7月24日


DSC09016_convert_20160724214546.jpg

あっあれは ぴちょんくん!

DSC09033_convert_20160724214644.jpg

JR 「 備中高梁 ( びっちゅうたかはし ) 」 ( 岡山県 )

DSC09046_convert_20160724214708.jpg

この運ちゃん後ろから見てると大あくびするわペットボトル飲むわ、

あげくに婆ちゃんがピンポンしてるのにバス停通り過ぎる大失態。

片道1時間エライのと一蓮托生になったもんだ。

DSC09049_convert_20160724215441.jpg

「 吹屋 ( ふきや ) 地区 」

DSC09347_convert_20160724215537.jpg

人造べんがら国内唯一の産地として繁栄を極めた吹屋。

硫化鉄鉱石をさまざまな技法で精製して

DSC09366_convert_20160724215612.jpg

このよおな赤色顔料になるんだよ。 ( 触ったから手が赤い )

DSC09172_convert_20160724230404.jpg

べんがらは繊維や家具、食器の染料として広く使われました。

今では磁気記録媒体としてビデオテープや磁気ディスクにも応用中。

DSC09161_convert_20160724215707.jpg

赤みがかった石州瓦とべんがら格子の取り合わせが

落ち着いた中にも華やぎを感じさせる。

DSC09158_convert_20160724215724.jpg

田舎そばと山菜おこわ。 ( 950円 )

DSC09091_convert_20160724221433.jpg

1日3便 ( 昼間は2便 ) しかないのにバス降りたのはワイひとり。

中国自動車道がないとタブン観光地どころか限界集落だなァ。

DSC09101_convert_20160724221453.jpg

でも当時は殷賑を極め、何千人も住んだらしい。べんがら長者の

広壮な屋敷は映画 「 八つ墓村 」 のロケ地にもなったそお。

DSC09135_convert_20160724221543.jpg

注意して洗濯しないと色落ちしますと正直なところを教えてくれた。

DSC09147_convert_20160724221609.jpg

地元のお酒や味噌しょうゆ。ここで買えば間違いないね。

お土産の裏見たら ” 広島県 ” もあるんで選球眼要るんだ。

DSC09200_convert_20160724222254.jpg

「 笹畝 ( ささうね ) 坑道 」 ( 300円 )

DSC09225_convert_20160724222332.jpg

15度だからマジ寒い。おまけに水滴落ちてくる。

DSC09288_convert_20160724223214.jpg

ルートの大半が中腰歩行なのに抜けると天井まで20メートルは

あろうかという大洞窟。映画 「 エイリアン 」 思い出したぞ。

DSC09276_convert_20160724223119.jpg

で、イキナリ遭遇するから総毛立つんだ。また顔が怖いの。

DSC09273_convert_20160724225416.jpg

ほらね。

DSC09377_convert_20160724224239.jpg

「 バス停ではありません 」  トトロのんに似てない?

DSC09399_convert_20160724224302.jpg

お土産は真性ローカルにしました。 ( カレー屋もあったし )

DSC09120_convert_20160724230346.jpg

ほらね。

DSC09405_convert_20160724224411.jpg


お帰るよ。


 


Home > 兵庫・山陽

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top