Home > 岐阜・東海

岐阜・東海 Archive

 4月14日


DSC00866_convert_20140414071109.jpg

ああ食った食った。

DSC00866_convert_20140414203736.jpg

雨の予想が真逆の目。

DSC01144_convert_20140414203819.jpg

祭りが終わって開花するのが通例だって。

10年か15年に一度くらい同時らしい。

DSC00886_convert_20140414204409.jpg

オヤ!

DSC00897_convert_20140414204337.jpg

普段はタテ長土蔵で眠ってる。

DSC00906_convert_20140414204652.jpg DSC00921_convert_20140414204703.jpg

早めに 「 いわき 」 予約。 みだらしだんご食べる。

DSC00936_convert_20140414204718.jpg

駆動部をじっくり観察。

DSC00969_convert_20140414204750.jpg

俗に 「 春の高山祭 」 「 秋の高山祭り 」 と言われ、春は日枝神社、

秋は櫻山八幡宮が主催。 ” 動く陽明門 ” と呼ばれる屋台群は圧巻。

DSC00355_convert_20140414210322.jpg

不具合発生! 車輪が固まると方向転換できない。

DSC00989_convert_20140414210336.jpg

中は空洞で作り付けの梯子があり、、上部の囃子が笛や太鼓で祭り

ムードを盛り上げる。勇壮に走るでもなく、いたってのんびり曳いている。

DSC01081_convert_20140414212046.jpg

とはいえ、テコ棒を扱う若衆は汗だくだく。

DSC01082_convert_20140414212059.jpg

長老は、押してるのやら、もたれてるのやら?

DSC01116_convert_20140414211913.jpg

未来の曳き子。

DSC01060_convert_20140414210754.jpg

「 日枝 ( ひえ ) 神社 」

DSC01037_convert_20140414210820.jpg

氏子総代、地区の有力者、警察幹部など勢揃い。皆神妙。

DSC01132_convert_20140414213241.jpg

高山は、木材、呉服、蝋などの生産で栄えた。豪商の見栄の張合いが

絢爛豪華な屋台の源泉。今では7世帯でひとつの屋台を持ってる町会も

あるそおで、維持費は国や自治体から出るけど、管理が大変なんだって。

DSC01138_convert_20140414214411.jpg

でもそんな絆って、ウラヤマシイ。

DSC01147_convert_20140414213300.jpg

中国人観光客の記念撮影に応じる。日本の官憲もサバけたもんだ。

DSC01149_convert_20140414213343.jpg

からくり人形がからくるんで、人人人。

DSC01158_convert_20140414215135.jpg

踊ってるんだけど、小さくてよく見えないの。

DSC01174_convert_20140414215209.jpg DSC01191_convert_20140414215228.jpg

あぶらえだんごを食べつつ新市街。

DSC01186_convert_20140414215242.jpg

「 つづみそば 」

DSC00362_convert_20140414215252.jpg

ちぢれ細麺ってホントワイ好み。700円。

DSC01199_convert_20140414215846.jpg

どんどん歩いている。

DSC01220_convert_20140414215935.jpg

太田庵  「 つるつる亭 」

DSC00364_convert_20140414215912.jpg

エライ元気な大将と、奥は、息子さん?

DSC00365_convert_20140414220423.jpg

釜揚げうどん、凝ってる。 

DSC01219_convert_20140414220440.jpg

蕎麦のおかゆ。黒いのは、お酢と何かに漬け込んだ柿だって。

色々凝ってる店で、大将と半時間ダベってました。今度は蕎麦

たぐりに来よっと。みえっこさん良いご縁をアリガトです。1500円

DSC01226_convert_20140414221523.jpg

店の屋号は大将の頭に由来するのか聞き忘れた。あっアルプス!!

DSC01243_convert_20140414221600.jpg

今度は ” 新穂高ロープウェー ” っての行かなイカン。白川郷も

行きたいし、松本もバスなら1時間らしい。ウーン国内も広いな。

DSC01253_convert_20140414221616.jpg

大将お薦め、浦田のめしどろぼう。この会社が本物なんやて。

DSC01260_convert_20140414221638.jpg

「 いわき 」 も予約してて正解。すんごい行列。

DSC01289_convert_20140414222017.jpg

お帰るよ。

DSC01333_convert_20140414222048.jpg

大阪行直通特急 「 ひだ 」 なんて知らんかった。便利~。

DSC01299_convert_20140414222842.jpg

水と米でおはぎが旨いときのう書いたけど、違う。

この 「 フレッシュスーパーやまだ 」 が旨いねん。

皆さま高山へ行かれたら、なにはさておき先ず当店へお越しあれ!!

DSC01305_convert_20140414222857.jpg

おみやげ群。

DSC01338_convert_20140414222913.jpg


再見 ( ツァイチェン ) 。

     人気ブログランキングへ

 4月13日


DSC00868_convert_20140413202310.jpg

松茸釜めし。

DSC00354_convert_20140413202357.jpg

けっこ旨いけど、オッサンが愛想無しで気に入らない。950円のはずが

キッカリ千円になってて、 「 それが何か? 」 て顔してるのも不愉快。

DSC00882_convert_20140413203003.jpg

山奥へいざなわれてゆく。

DSC00898_convert_20140413202514.jpg

JR 「 高山 」

DSC00914_convert_20140413203034.jpg

都会では死に絶えた超絶ヤンキーや、大音量のカーステレオ族と

出会えるのも地方都市の魅力。ここも例外ではないとみえる。

DSC00922_convert_20140413203241.jpg DSC00937_convert_20140413203140.jpg
DSC00944_convert_20140413203333.jpg DSC00954_convert_20140413203515.jpg

ほおら行く店行く店休んどるがな。

DSC00927_convert_20140413204837.jpg

4千円の飛騨牛ステーキなんか食べれないんだから、勘弁してほしいワ。

DSC00974_convert_20140413204904.jpg

あしたから2日間 「 春の高山祭 」 です。

DSC00982_convert_20140413205000.jpg

休み貰ったので、いち日だけおります。

DSC00952_convert_20140413210011.jpg

観光客相手のお店より、地元スーパーが安くて美味しい。

これ、シールに偽りなし! あした大人買いしよっと。 

DSC00999_convert_20140413211017.jpg

寒いか思たけど、そおでもない。下呂温泉の桜が目を奪う美しさでした。

DSC01008_convert_20140413211047.jpg

値段設定から見て、ジモティーのお店。

DSC01010_convert_20140413211107.jpg

極細ちぢれ麺。かなり美味しい。550円。

DSC01017_convert_20140413221732.jpg

観光客の半分くらいは外国の方。欧米系が多くて、日本じゃないみたい。

やはり祭がお目当てかな? ワイもなんだかワクワクしてます。

DSC01082_convert_20140413221533.jpg


大浴場に浸かりたくて、ルートイン系の 「 グランディア飛騨高山 」 を

当日チョイス。大阪からのネット予約で5700円朝食付はウレシイね~。

                                  人気ブログランキングへ


 3月23日


DSC00319_convert_20140323185829.jpg

” たった3年で人生は変わる。 ”  でも悪変りする場合もあるやん。

DSC00332_convert_20140323185853.jpg

そおだろ?

DSC00323_convert_20140323185906.jpg

あや~。

DSC00914_convert_20140323190427.jpg

養老電鉄 「 養老 ( ようろう ) 」

DSC00947_convert_20140323190454.jpg

花。

DSC00326_convert_20140323190506.jpg

団子。

DSC00978_convert_20140323191119.jpg

死なない。

DSC01164_convert_20140323191316.jpg

「 養老天命反転地 」

ARA_convert_20140323191810.jpg

荒川修作 ( 1936-2010 )

終生のパートナー、マドリン ・ ギンズ ( 1941-2014 ) と共に、

” 死ぬ運命 ( 天命 ) を反転させる ” をテーマにした作品多数。

DSC00993_convert_20140323193226.jpg DSC00991_convert_20140323193215.jpg

バランスを失う気がしたら、自分の名を叫んでみること。 ( パンフの解説 )

DSC01155_convert_20140323191334.jpg

進む速さに変化をつけること。

DSC01149_convert_20140323194301.jpg

すり鉢形になってる。乱歩の 「 パノラマ島奇談 」 を思わせる。

DSC01010_convert_20140323194733.jpg

外周は、万里の長城を模してるのであろうか?

DSC01018_convert_20140323194954.jpg

逆さ虎文字。

DSC01024_convert_20140323194746.jpg

行き止まり。

DSC01050_convert_20140323194805.jpg

しばしば振り向いて後ろを見ること。

DSC01104_convert_20140323195355.jpg

” 切り閉じの間 ”

DSC01102_convert_20140323195410.jpg

夢遊病者のように両手を前へ突き出し、ゆっくり歩くこと。

DSC01068_convert_20140323195805.jpg

以前三鷹の 「 天命反転住宅 」 を訪れましたが、ここも仲間です。

DSC01197_convert_20140323195829.jpg

尿が赤くなったら、泌尿器科へ行くこと。

DSC01229_convert_20140323200458.jpg

約半時間。ダラダラと登る。楽ではない。

DSC01241_convert_20140323200605.jpg

「 養老の滝 」

DSC01304_convert_20140323200705.jpg

美濃の国に孝子あり。酒を買い老いた父を喜ばせるを常とす。ある日

山中でころび、アヤ不思議石の間から酒が湧いてる! 天皇さっそく

行幸し、元号を 「 養老 」 と改め、孝心の男を美濃の守に遣わす。

DSC01260_convert_20140323202159.jpg

セクシーな看板に惹かれ

DSC01264_convert_20140323202633.jpg

リフトをチョイス。 ( 片道400円 )

DSC01279_convert_20140323202307.jpg

54台も椅子あるのに、乗ってるのワイだけ。

DSC01337_convert_20140323202705.jpg

背伸びしない観光ぶりで、好ましい土地やね。

DSC00892_convert_20140323221714.jpg

40分に1本の電車をタッチの差で逃し、フテクサレ。

DSC01373_convert_20140323202725.jpg

しかしながら、 「 貧食亭 」 は、取材の手を緩めないのである。

DSC00333_convert_20140323202744.jpg DSC00334_convert_20140323202755.jpg

図柄は滝を中心に菊とツゲ。かきドリンクは評価ビミョー。

DSC00330_convert_20140323204057.jpg


米原駅の駅弁も、底に貼り付いて緩まないのであった。チャンチャン ♪

                              人気ブログランキングへ

Home > 岐阜・東海

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top