Home > 2015年05月

2015年05月

 5月 1日20時


DSC00069_convert_20150501135349.jpg

猿沢池のたもとに慎ましく

DSC00043_convert_20150501135502.jpg

「 采女 ( うねめ ) 神社 」 。

DSC00092_convert_20150501135944.jpg

旅の僧春日明神に参拝せし折ひとりの里女来る。昔帝の寵愛を受くる

采女 ( 宮中の女官 ) が心変わりを恨み入水せり、我その幽霊とぞ

語る。僧、読経回向ののち采女現れ、歌舞を奏して成仏を喜び池に去る。

DSC00098_convert_20150501135959.jpg

「 瑜伽 ( ゆうが ) 神社 」 

DSC00101_convert_20150501141137.jpg

またまた素敵な神社を発見して、空もココロも大和晴れ。

DSC00102_convert_20150501141209.jpg

一の鳥居の傍らに 「 影向 ( ようごう ) の松 」 。

YOUGOU_convert_20150501142149.jpg

能舞台の鏡板に描かれた老松のモデルとされる。

DSC00106_convert_20150501142008.jpg

今は後方の後継樹を育成中。

DSC00116_convert_20150501142458.jpg

「 氷室 ( ひむろ ) 神社 」 は献氷祭。

DSC00124_convert_20150501142614.jpg

鯛氷柱。

DSC00129_convert_20150501143053.jpg

こちらは鯉ね。

DSC00141_convert_20150501190043.jpg

「 転害門 ( てがいもん ) 」  ( 災いを転じるの意 )

DSC00147_convert_20150501185536.jpg

この柱を含め、右2本が天平時代のもの。

枝の多い南側をそのまま南側に利用する。

もしきれいな北側を日の光の方に向けたら、

木は弱ってしまう。千年以上耐える秘訣ナリ。

DSC00154_convert_20150501185653.jpg

石をゴロゴロ回してお祈りしたらしい。

DSC00170_convert_20150501185737.jpg

古代の製材道具をご存じか? 原始的ゆえ木は繊維に沿って切れる。

今は電気ノコでギャーンと断つから、細胞レベルでは木はズタズタ。

よってカビも生えやすいし、長持ちしない。人の教育も同じであろう。

DSC00156_convert_20150501192718.jpg

となりが小学校というのが、なんだかスゴいことだと思う。

DSC00169_convert_20150501192734.jpg

奈良はさんざん来てるけど、タブン平日は初めて。

宮内庁もお役所だから土日祝はお休みなのね。

DSC00166_convert_20150501192822.jpg

ひぇ~国宝百個分くらいの圧力だワ。 ( 貧しい例えでスンマセン )

DSC00185_convert_20150501193453.jpg

あじあの薬膳おばんざい 「 藍布 ( らんぷ ) 」

DSC00179_convert_20150501193905.jpg

新キャベツのラオス風ピーナッツサラダ

厚揚げのベトナム風トマト煮

薬膳スープ

DSC00182_convert_20150501193924.jpg

タケノコとピーマンのタイ風ココナッツ赤カレー

キビとアワ入りごはん

大根の香味しょうゆ漬け

DSC00184_convert_20150501193943.jpg

黒米とハトムギ、モチ米のココナッツミルク

ルイボスティー      1380円

DSC00950_convert_20150501200011.jpg

” あすかルビー ” が好調な奈良県のニューフェイス  ” 古都華 

 ( ことか ) ” 。 濃いルビー色が特徴。見かけたら買ってね!!

DSC00961_convert_20150501200034.jpg


海老無し天丼。 ( 茄子と玉ねぎで十分! )


     

 5月 3日02時


DSC00909_convert_20150503021901.jpg


では皆さま、

 ( 白とくさん ) お体に気をつけて、楽しい連休をお過ごしくださいマセ。

 ( 黒とくさん ) ホコリと疲労を得て、さんざ消費税を払ってくださいマセ。


                 

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

 5月 6日 0時


DSC00914_convert_20150505221221.jpg

バスより鉄道派なのだが、山陰に関しては仕方ない。

なにしろ費用と時間が倍々かかる。

DSC00923_convert_20150506001627.jpg

かずやん。

DSC00942_convert_20150505221333.jpg

10年ぶりだァ! 彼も歳相応にメタボ真っ最中。

DSC00946_convert_20150505221357.jpg

久闊はさておき、世界遺産を攻めたい。

DSC00968_convert_20150505221445.jpg

のどかな里道を小一時間歩くと

DSC00977_convert_20150505223016.jpg

「 石見 ( いわみ ) 銀山 」 ( 410円 )

DSC00984_convert_20150505223039.jpg

登録延期 ( 事実上の却下 ) を乗り越え07年、ユネスコ世界遺産に

決定した背景には、周囲のよく保全された自然環境が功績大であった。

DSC00990_convert_20150505223115.jpg

でも先ず、間歩 ( まぶ ) と呼ばれる坑道ね。

DSC00998_convert_20150505223136.jpg

500余りの坑道のうち、 「 龍源寺間歩 」 の一部のみが公開中。

DSC01019_convert_20150505225416.jpg

天井の異様な低さと滴る水滴を気にしつつ15分も歩くと出口である。

8割の人が 「 なんだこんなもんか 」 という感想を抱くのもガッテン。

DSC01042_convert_20150505225635.jpg

しっかし ” 小一時間の道 ” が野趣に富んでるのである。山道アリ。

DSC01088_convert_20150505225714.jpg

里道アリ。

DSC01034_convert_20150505230408.jpg


DSC01062_convert_20150505230438.jpg


DSC01091_convert_20150505230500.jpg

ユル~イショッピングを楽しめないこともない。

DSC01106_convert_20150505230621.jpg

やたら神社仏閣が多いのは繁栄の証と思ったが、早合点。

DSC01122_convert_20150505230708.jpg

ウィキってみると、亡くなった坑夫の慰霊のため宗派別の寺院が多数

建てられた由。30歳まで生きられたものは長寿の祝いをしたんだって。

DSC01081_convert_20150506002318.jpg

当時の対外貿易における主力産物であり、欧州にまで名をとどろかせた

IWAMI の銀は、多くの無名労働者の屍の上にあり得たのである。合掌。

DSC01130_convert_20150505231956.jpg

” 鳴き竜 ” で知られる 「 城上 ( きがみ ) 神社 」

DSC01134_convert_20150505232024.jpg

板の間に座り柏手を4度打つと

DSC01138_convert_20150505232044.jpg

アラフシギ竜が鳴いてるよおに聞こえなくもない。

DSC00955_convert_20150505232121.jpg

道中のお店にはこんなインスタレーションもあるので、ぜひ来てね!!

DSC01148_convert_20150505232242.jpg

「 出雲大社 」

DSC01187_convert_20150505232322.jpg

縁結びで名をはせる故、女性の2人連れがやたら多い。

DSC01174_convert_20150505232413.jpg

御本殿。

DSC01168_convert_20150505233656.jpg

神紋は二重亀甲剣花角。

DSC01178_convert_20150505233749.jpg

オオクニヌシノミコトが嘘つき兎を助けた話はあまりに有名だが、

DSC01181_convert_20150505233812.jpg

女性に人気なのは圧倒的にこちら。撮影も順番待ち。

DSC01194_convert_20150505233831.jpg

食べてお帰り出雲そば。細麺で割と美味い。

DSC01221_convert_20150505234839.jpg DSC01215_convert_20150505234901.jpg

境港 ( さかいみなと ) 直送ネタの寿司。

DSC01227_convert_20150505234922.jpg


あしたも頼むワ。


 


 5月 7日02時


DSC00912_convert_20150506223623.jpg

5千円台のチープホテルなのに客応対がスバラシイ。

大浴場で隣り合った背に昇り龍のオア兄さんまで感じがよいのである。

DSC00916_convert_20150506223905.jpg

JR 「 米子 ( よなご ) 」 

DSC00954_convert_20150506224049.jpg

切断カバ。

DSC01292_convert_20150507013355.jpg

妖怪列車。

DSC00978_convert_20150507005830.jpg

” みなとライナー  ” で約半時間。 

 JR 「 境港 ( さかいみなと ) 」

DSC00970_convert_20150506225954.jpg

執筆中の水木さんをねずみ男、鬼太郎、少し離れて目玉おやじが見守る。

DSC00985_convert_20150506224008.jpg

そーですここは官民挙げての妖怪町おこし。

DSC01020_convert_20150506230100.jpg

駅前からすぐ 「 水木しげるロード 」 。

DSC01015_convert_20150506230847.jpg

過疎の波に洗われ御多分に洩れずシャッター通りと化した駅前商店街。

賛否半ばする中93年オープン。最盛期 ( 「 ゲゲゲの女房 」 の年 ) 

には370万の来訪者を記録。ほぼ全ての商店が妖怪関連を謳っている。

DSC01032_convert_20150506230952.jpg

妖怪パン。

DSC01035_convert_20150506232826.jpg

鬼太郎タクシー。

DSC01043_convert_20150506231059.jpg

怖いからか高いからか、ともかく拭く気になれない。

DSC01028_convert_20150506230904.jpg

当初は接着点をやすりで削り銅像を持ち去る不届き者が出没した。

現在、150体を超す魑魅魍魎が来訪者とその財布を待ちわびている。

DSC01002_convert_20150506234031.jpg DSC01004_convert_20150506234047.jpg
DSC01050_convert_20150506234104.jpg DSC01244_convert_20150506234123.jpg


DSC01255_convert_20150506231539.jpg

特に目玉おやじは子供たちに絶大な人気を誇る。眼の底に宿る

哀しみや深い愛を幼き心は瞬時に見抜くのであろう。 ( ウソ )

DSC01107_convert_20150507004917.jpg


DSC01045_convert_20150506235032.jpg DSC01047_convert_20150506235055.jpg
DSC01077_convert_20150506235226.jpg DSC01206_convert_20150506235125.jpg


DSC01209_convert_20150507004943.jpg

「 水木しげる記念館 」

DSC01137_convert_20150506235308.jpg

「 妖怪食品研究所 」 の ” 妖菓 目玉おやじ ” 。 テラ感がスゴイ。

DSC01141_convert_20150506235802.jpg

なんかグロい。 ( 350円 )

DSC01062_convert_20150507000734.jpg


DSC01064_convert_20150507000747.jpg


DSC01067_convert_20150507000811.jpg


DSC01068_convert_20150507000823.jpg


DSC01069_convert_20150507000843.jpg

80倍入るらしい。

DSC01234_convert_20150507010443.jpg

境港はいわゆる ” 国境の街 ” で、大陸からの密航者も来るそおな。

武装公務員の ( ワイに対する ) 視線が観光客向けのものでない。

こおいう話は地元民と一緒でないとなかなか聞けることでないのである。

DSC01104_convert_20150506235835.jpg

カフェラテで休息。妖怪占いによるとワイは ” 子泣きじじい ” らしく、

小銭が大好き。ユニクロやファッションセンターしまむらでOKの倹約型。

DSC01053_convert_20150507001526.jpg

当たっとるがな。

DSC01159_convert_20150507001551.jpg

イカ釣り漁船。

DSC01165_convert_20150507001608.jpg

集魚灯でイカを寄せ、自動巻き上げ機でポンポン釣り上げる。

DSC01173_convert_20150507002116.jpg

水木氏の実家。 「 水木プロダクション中国支部 」 の看板。

DSC01184_convert_20150507002149.jpg

この辺り、幼少期の氏の遊び場かも?

DSC01187_convert_20150507002210.jpg

よく対岸の島根県まで泳いだんだって。 ( といっても100mくらい )

DSC01204_convert_20150507002937.jpg

おさかなロードマップ。

DSC01273_convert_20150507003108.jpg DSC01278_convert_20150507003125.jpg

恒例マンホール。

DSC01391_convert_20150507003325.jpg

バスの時間まで少しある。

DSC01320_convert_20150507003635.jpg

「 弓ヶ浜  ( ゆみがはま ) 」

DSC01350_convert_20150507003657.jpg

「 大神山 ( おおがみやま ) 神社 」

DSC01356_convert_20150507003717.jpg

中国地方最高峰 「 大山 ( だいせん ) 」  ( 1729m )

DSC01378_convert_20150507003739.jpg

白バラ牛乳のふるさとに来れて、少し感激している。

DSC00958_convert_20150507004704.jpg

サヨナラ三角また来て四角。

DSC01413_convert_20150507011151.jpg


トイレ休憩。





 5月 7日21時


DSC00911_convert_20150507114401.jpg

ワイ生涯最悪の便秘。20分で何も出ない。ミッフィーも悲しんでる。

DSC00907_convert_20150503145458.jpg

脳の血管切れて突然死? 思うくらいキバって、やっと生まれた~! で、

留守の間に危険な兆候。陰で見てると、雌は小枝を並べ雄が見守ってる。

微笑ましくはあるが、おととしみたいにタマゴンされてはタマラン。即処分。

DSC00914_convert_20150507172632.jpg

お昼はこれで十分ダワ。休み明けはスイーツバイキングみたいになるし。

DSC00920_convert_20150507202924.jpg

「 西成の名称はなくすことができます。

    西成をイメージアップする最初で最後のチャンスです!! 」

その場ですぐ書き留めたから一字一句間違いない。都構想の是非を問う

5月17日が迫り、どちらかの陣営に恥を恥とも思わぬ人間がいるらしい。

DSC00928_convert_20150507202947.jpg

武井壮のCM見て以来、丸亀製麺の ” だし玉肉うどん ” が

気になってた。牛しぐれ煮をだし巻きで包んで、大根おろし後のせ!

うどんとオムレツを同時に食ってるよおで、旨くないこともない。590円。

DSC00938_convert_20150507203117.jpg

長ネギが落ちてる。

( ひらめきを得てワイもこの後買うのだが、断じて拾ってない )

DSC00949_convert_20150507203132.jpg


玉ねぎ天と野菜。スムーズなお通じ期待。


     

Home > 2015年05月

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top