Home > 京滋・北陸 >  8月26日

 8月26日


001_convert_20120826193710.jpg

JR  「 大垣 ( おおがき ) 」

006_convert_20120826193942.jpg

いつも通過するんで、一度降りてみよかな、と。

007_convert_20120826194020.jpg

冬は積もるんだろね。

009_convert_20120826195214.jpg

大垣城。 ( 昭和34年竣工 )

011_convert_20120826195250.jpg

あ~あ。

014_convert_20120826195321.jpg

お去りになろっと。

016_convert_20120826195420.jpg

大垣名物水まんじゅう。 ( お皿は百均 )

017_convert_20120826200029.jpg

JR  「 長浜 ( ながはま ) 」

021_convert_20120826200204.jpg

「 翼果楼 ( よかろう ) 」

018_convert_20120826200108.jpg

焼鯖そうめん ( 840円 ) 。よおく煮詰めて骨まで食べれる。

ワイの ” サバとそうめん ” も健闘してるって分かった。お茶旨。

023_convert_20120826201215.jpg

散歩にはナイスタウンね。

025_convert_20120826201255.jpg

琵琶湖名物アユ干してる。

031_convert_20120826202502.jpg

JR  「 余呉 ( よご ) 」

029_convert_20120826202537.jpg

「 精霊の守り人 」 に、ヨゴって国が出てくる。だから来てみた。

027_convert_20120826202605_convert_20120826212845.jpg

生まれて初めて余呉湖を見てコーフン。

030_convert_20120826202706.jpg

天女が枝の羽衣を犬に盗られ、泣く泣く人の嫁さんになったとか。

032_convert_20120826203618.jpg

結局琵琶湖一周。

033_convert_20120826203658.jpg

京都の地下鉄初めて乗ります。

041_convert_20120826203842.jpg

南禅寺 ( なんぜんじ ) 。

043_convert_20120826204412.jpg

境内にある、琵琶湖疏水水路閣。京都遷都1100年記念事業の一環として、

明治23年、琵琶湖と京都を結ぶ疏水が開通。内陸都市京都にとって、水路による

大量輸送手段を確保することは長年の夢。府の年間予算を2.5倍も上回る

大事業でした。今ではその役目を終えたけど、京都近代化の一番の立役者です。

039_convert_20120826204446.jpg


ではまた。

人気ブログランキングへ

Comments:16

ちこ URL 2012-08-26 (日) 21:34

なんて盛りだくさんな一日!
お疲れ様でした

私は両親が滋賀出身で、滋賀はいろんなとこ行ったので
全部懐かしい写真でした

小さい頃から琵琶湖が海だと思ってたくらいで
初めて臨海学校で和歌山の海に入って
あまりのしょっぱさにびっくりしたのを思い出しました^^

夏の花 URL 2012-08-26 (日) 23:27

京都に桜を観に行ったとき 比較的空いてるコースを選び、初めて琵琶湖にも寄りました。
琵琶湖は大きかったです~

京都の地下鉄 初めてだなんて、私の方が先輩だ。やったあ!(何が…)

旅先で電車に乗るって楽しいですね。。。

今日も暑かったでしょう。でも、おかげさまで、私もまた楽しめました。

お疲れ様~ありがとうです!

イナ URL 2012-08-27 (月) 00:03

地図で見ましたら、活動されてますねとくさん!活発、活発。

これが本場の焼鯖そうめんですか、食べに行かれるとはさすが!

とくさんの好奇心に夏枯れなしですね!で車窓の水まんじゅうのお皿はどちらから?(笑)

(プラスチックでは映えませんよね~。)

わわ京都も! 南禅寺にも俄然行ってみたくなりました。

おでかけは履きなれた靴と・・・・ですね、アドバイスありがとうございます。

お土産に鍵善の水ようかんを娘に頼まれたので、

ネットで注文したら私が京都に行くより先に届いたという、

1~2日で着くとは思わなくて・・・・ま、 美味しくいただきました(笑)

では行ってきま~す☺

Re : ちこさん URL 2012-08-27 (月) 01:40


ご両親が滋賀なんですか? ワイも滋賀には色々思い出があって、ウン、やはり滋賀といえば琵琶湖ですね。

でも、余呉から敦賀までたったの3駅なんですね。実際行ってみると、地元の方が不安に思うのもよく解った・・・。

和歌山の海は、しょっぱい! ( アタリマエ ) 目も痛いしね~。その代わりよく浮きますよ~。 ( アタリマエ )

以前自転車で琵琶湖1周してやろおかと思ったことがあるんですが、今日それがどんなに無謀な考えか、よく解りました。

Re : 夏の花さん URL 2012-08-27 (月) 01:53


琵琶湖おっきいでしょ! ほとんど海ですもんね~。

でも地下にはもおひとつの琵琶湖があって、地下水やら湧き水やらスゴイんですよ。そんでワイらの水源です。

ありゃ夏さんの方が先に地下鉄? うーんヤラレタ。うまく使えば慢性渋滞のバスよりはるかにお役立ちですね。

今日はホント暑かった・・・。でも赤とんぼとツクツクホーシがすっかり主役になってました。秋はすぐそこです。

Re : イナさん URL 2012-08-27 (月) 02:04


青春18きっぷで行ける時に行っとかないと、冬だとそうめん無いだろおし・・・。なかなか美味しかったですよ~。

水まんじゅうのお皿は大垣の百均で。ついでに洗ってもらいました。厚かましい客であります。 ( 笑 )

南禅寺の庭がよいです。疏水もよいです。上は実際に水が流れてます。ワイの大好きな知恩院と、

それほど離れてません。お天気がちょっと心配ですね。ワイが一生懸命祈りますので、どおかよい旅を!

2012-08-27 (月) 02:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆sachiko☆ URL 2012-08-27 (月) 05:00

朝帰りしました~☆(笑)
って、飲んでませんけど、友人らと話し込んでいました~☆
わあ、いつも思いますが、結構な移動距離ですよね。
とくさん、健脚、そしてお元気でなによりです。(わわわわ、高齢の方にかける言葉だぁ。スミマセン、笑)
少し遅くなりましたが、とくさん、肝臓が大丈夫でよかったですね。
みなさん同様に安心しましたよ。で、いつものサバ素麺の元祖見たり~!
羽衣の樹の下に、人がしゃがみこんでいらっしゃるように見えます。
とくさん?それとも地元の方?
なんだろ、大きな樹にはパワーを感じます。どれだけの時代を見てきたんだろう?
どれだけの鳥を休ませ、人に願をかけられ、雨宿りに立たれていたのだろう?
何を感じて、触られ、日陰を与え風雪に耐えて、こんな居住まいなんだろう?って。
とくさんの歴史探訪の小旅行の建物の解説にもいつもそう感じて拝読しています。
少し前までは新しいものが好きで、いち早く手に入れたり、知っていることが喜びでした。
が、恥ずかしながら今の私の手元にはスマホもまだですし、昔のように情報誌も買わなくなりました。
私も年をとったのでしょうね。時代の新流なんかどうでもいいやって。(笑)
その代り、昔見えなかった世の中の隅っこや、感じられなった機微を少し感じれるようになりました。
とくさんの旅の語り、とくさんの何気に告白される職歴や、日々の所感に「そうだよねぇ。」「そっかぁ。」「そうきたかぁ。」「そうだったんだぁ。」と独りでつぶやいています。(怖い?!)
昔、母が「くらしの手帖」という雑誌をずっと購入していました。
編集者の手書きの項目のページがあって子供ながらに可愛いなって。簡単でおしゃれな手料理や、商品テスト、随想や旅行記もありました。
とくさんの記事に、少し近い感じを味わう時があります。(あ、ごめんなさい。作風を盗作しているということではなくて。)
旅、いいですね。旅したいです。本来旅が好きな人ですから。
とくさん、お疲れ様でした。ぱちぱち…。

みんと URL 2012-08-27 (月) 08:16

とくさん こんにちは。
とくさんの書かれる 一文、一文、 さらさら表面を流れていくようでいて
その実 すっ と ひっかかり、 そこから やがて しみ渡って 来ます。  そこが 好きです。
先日わざわざコメントを返していただき、嬉しかったです。 他人には機械的に
「季節がらご自愛くださいませ」なんて使ってしまいますが、今回 自愛  ということば
を 自分にむけてみようかなと 気付かされました。本当にありがとうございます。


私の友達に 滋賀出身の 下の名前が 「おーみ」(漢字はあえて書きませんが) という 人がいます。
琵琶湖のような 心のおっきくてとても いいやつです。 お写真を拝見して 友人が浮かびました。

Re : ☆sachiko☆ さん URL 2012-08-27 (月) 11:17


青春18きっぷのよいのは、24時間以内なら乗り降り自由ってところなんです。しかもJRって、

「 こんな田舎も走るの? 」 ってところに線路があってステキ。1日2300円ですしね~。

余呉の巨木は日本最古の羽衣伝説の木なんですって。写ってる方は撮影に来られてました。大きさ対比で無断登場!

「 暮しの手帖 」 って、花森安治さんのそれですね~。文体も含めどのよおな方なのかは存じ上げませんが、

昨今まで語り継がれるんだからスゴイ方なのかと・・・。ワイのブログにも 「 風 」 が吹いてるのかと・・・。

「 個 」 や 「 孤独 」 を確立してからでないと動けないタイプの人がおります。サザエさんみたいに、

集団安全保障の中でワサワサやっていく湿度の高いメンタリティとは異質のもの。でも着物と人の柄って変えれない。

痛々しい自分を自身でハグしながら前を向くより仕方ない。そのよおな全ての方に幸あれと願っております。

肝臓、まだまだ体力のあるうちに 「 ほぼ完治 」 してよかった~! 遅刻ギリギリに校門に滑り込んだ

劣等性の気持ちです。ご心配お掛けしました。ありがとおございました。

Re : みんとさん URL 2012-08-27 (月) 11:30


身体って最後は自分を裏切ると思ってます。死にたくないのに死んじゃう。

若いときならお金無いなら、すぐバイトニュース買ってバイト行った。今はそのフットワークがおそらく無いです。

好きな女性には 「 好きだよ 」 「 愛してる 」 ってメッセージを発し続けないとだんだんに離れていってしまう。

身体も同じかな? 

そんで、お褒めの言葉ありがとおございます。 「 おーみ 」 って、いい名前ですね。

田中おーみ。山本おーみ。語感がいいです。あだ名にもなるし、みんなに可愛がってもらえそお。親御さんエライ!

URL 2012-08-27 (月) 19:04

翼果楼さんの焼鯖そうめん、食べてみたデス。


4年前の8月お盆の頃、近江八幡の酒蔵がやっていらっしゃるライブに行きました。翌日、醒ヶ井(さめがい)へ行きました。

近江八幡のお蕎麦屋さんの女将さん、ロープーウェーで働くおじいさん、醒ヶ井の定食屋の主人とお客のおじさん、
4人の方に「どう?」と聞かれて、「暑いです」と答えるしかない、独特の暑さにぐったりでした。

この私の答えに対して4人の方は同じことを仰いました。
「伊吹山に行くといい。あそこは涼しいよ」(←私にとっての標準語に直してます)

でももし、またあの近江八幡の酒蔵ライブに行く事ができたら、余呉湖にいきますわぁ♪

いい感じ。

駄犬 URL 2012-08-27 (月) 19:09

あ~、名前を忘れてました。

焼鯖そうめんを食べたいのは、駄犬です。

すみません。

URL 2012-08-27 (月) 20:15

あ~私が大阪にでかけている隙に滋賀に来られていたのですね~!
翼果楼でとくさんと一緒に鯖そうめんを食べたかったです(涙)
翼果楼の鯖そうめんはいいお値段だけあっておいしそうですね。
私は専ら惣菜屋さんで売ってるのを買って食べてます。(自分で作れよ・・なんて言わないでね)

余呉湖は神秘的な湖で滋賀県で一番好きなところです。
天女の羽衣の木で私も記念写真撮りましたよ。
余呉のもう少し南の高月町という所にある十一面観音像もおすすめスポットです。
(JRの駅からも近いので)

それにしても大垣から琵琶湖を回って哲学の道までいくとは
すごい体力ですね!
琵琶湖オオナマズもびっくり!!

Re : 駄犬さん URL 2012-08-27 (月) 22:30


「 食べてみた 」 じゃなく 「 食べてみたい 」 なんですね~。 ( 笑 )

郷土名物らしい一品です。ガッカリなさらないと思います。長浜に来られたら、ぜひ!

醒ヶ井の養魚場っての一度行ってみたいんだけど、盛り上がる山形見ると、気力がね~。

伊吹山もそおです。色川さんじゃないけど、あれだけ盛り上がると気力萎える。涼しいらしいですけど。

余呉湖はぜひ! 琵琶湖より蒼が深くて、ちょっと別世界でした。

Re : 舞さん URL 2012-08-27 (月) 22:39


お留守にお邪魔しちゃいました! 今度は一緒に食べましょうね!

総菜屋さんにも売ってますか? じゃあ次回はそちらで買おっと。焼き鯖寿司もお持ち帰りしよっと。

余呉は気に入りました! 冬にまた行きたく思います。ワカサギ食べたいですし。

今日食べたくなったのは串カツでした。地元民もお金落とさないとね~。でも串カツ屋多すぎるって思いません?

でも滋賀もいいなあ。和歌山もいいけど。ワイは水のそばが好きみたいです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/1272-1f6cd5ed
Listed below are links to weblogs that reference
 8月26日 from 貧食亭日記

Home > 京滋・北陸 >  8月26日

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top