Home > 未分類 >  5月12日

 5月12日


DSC09452_convert_20130512112438.jpg

「 揚げカレイのおろし煮 」

DSC09455_convert_20130512112510.jpg

だし汁、醤油、みりん、砂糖を温める。

DSC09462_convert_20130512112523.jpg

片栗粉を薄くまぶしたカレイを揚げる。

DSC09467_convert_20130512112540.jpg

水気を切った大根おろしを加え、さっと混ぜる。

DSC09483_convert_20130512112605.jpg

日曜の朝から豪華なもんだ。

DSC09485_convert_20130512175744.jpg

「 というのは、私が近頃知り合いになった一人の妙な男があって、名前は

  明智小五郎というのだが、話をしているといかにも変わり者で、それが

  頭がよさそうで・・・ 」  (  「 D坂の殺人事件 」 江戸川乱歩  )

DSC09500_convert_20130512175837.jpg

名探偵初登場の地。

DSC09531_convert_20130512175852.jpg

家はとっくに無くなって、あの標識が立ってるだけ。

DSC09538_convert_20130512180624.jpg

引っ越し魔の彼は、守口市内 ( 当時は守口町 ) だけで4回、東京

池袋に定住するまで46回の転居を繰り返した。守口の自宅で屋根裏を

徘徊した経験から、名作 「 屋根裏の散歩者 」 が生まれる。

DSC09542_convert_20130512180637.jpg

「 君、このよおなものが現れると、大川が近いんだよ。だって、

  本来ならゲートボールの広場にでもしそおなものじゃないか。 」

DSC09563_convert_20130512180653.jpg

ほおらね。

DSC09597_convert_20130512180713.jpg

ワイのベスト乱歩は 「 孤島の鬼 」 。

DSC09605_convert_20130512183157.jpg

人はいくら許しても許し足りないと知ったのは 「 芋虫 」 。

DSC09609_convert_20130512183135.jpg

ああ、こおしてると、なにやらワイも人間社会の片隅で許されてる気がするよ。

DSC09625_convert_20130512183752.jpg

「 枚方宿 ( ひらかたじゅく ) 」

DSC09652_convert_20130512183826.jpg

東海道五十三次というけど、大坂までの京街道を含めて 「 東海道

五十七次 」 とも言います。枚方宿は品川宿から数え56番目。

DSC09638_convert_20130512184616.jpg

「 鍵屋 」 は、三十石船の船宿として栄えました。惜しむらくは

” 片宿 ( かたじゅく ) ” 。 上り船は立ち寄ってくれるけど、

下りの船はスルーするのね。通行税を倍にしたり、苦労したらしい。

DSC09640_convert_20130512184637.jpg

三十石船に小舟でこぎ寄せては 「 餅くらわんか。

酒呑みさらせ。」 と口汚くののしりながら売ったという

” くらわんか餅 ” 。大坂夏の陣で徳川方に協力した

功績で、「 不作法御免 」 の特権が与えられたそお。

DSC09644_convert_20130512184652.jpg

当時を再現した 「 ごんぼ汁 」 。 ” 美味くないことは

ないですし、ぬるくもなっておりませんので、ぜひ食べに

いらしてください ” って観光協会のパンフに書いてます。

大量のおからが沈んでて、美味しくないことはない。

DSC09664_convert_20130512190348.jpg

たくさん歩いて、楽しかったゾ。

DSC09678_convert_20130512190404.jpg


「 じゃあ、これで失敬するよ。多分もうお眼にかかれまい。なぜって、

  ソラ、君はもうちゃんと自首する決心をしているのだからね。 」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

Comments:7

えみ URL 2013-05-12 (日) 19:38

こんばんはです。
連凧の写真が素敵です。
色合いが虹が掛かっていくみたいですね。
鰈もお餅も美味しそ。
今日は膝掛け洗濯したり…めっきり初夏ですね。

くるりん URL 2013-05-12 (日) 19:44

三十石船の お話しはよくします。今でも、淀川の川ざらいをすると 当時の お皿や茶碗が
出て来るそうですね。淀川の川砂に洗われ、いい風合いだとか…。今朝、sachiko さんの
コメントみつけて お元気で良かったぁ~!!と
嬉しくなりました。こんな気持ちになったのは私だけでは なかったのですねー。

Re. えみさん URL 2013-05-12 (日) 21:35


もはや初夏ですね~。ワイも出がけに洗濯しました。帰ってきたらほとんど乾いてました。

凧は、良い場面に遭遇しました。すぐに風が無くなって、降ろさざるをえなくなってしまったんです。

また1週間始まりますね。頑張りましょう!

Re. くるりんさん URL 2013-05-12 (日) 21:41


そおなんです出てくるそおです。出てきたのかどおか確認しなかったけど、

「 鍵屋 」 に器が飾ってました。ああタイムスリップして三十石船でお餅食べてみたい!

コメンターの方が来られなくなると、多少の差はあれ心配します。実はご病気の方が

フツリと来られなくなってるんで、そのこと考えると気持ちが沈みます。

駄犬 URL 2013-05-12 (日) 23:37

今晩は。
D坂に住んでいたことのある駄犬です。
古本屋ではなくて、普通の本屋さんの二階でしたが。
本屋さんの向かいは、喫茶店ではなくてコンビニでした。
…正確に言うと、D坂を上りきったところにすんでいたのですが。

乱歩さんが大阪に住んでいらしたことがあるとは、知りませんでした。
で、ウィキペディアを覗いたら、生まれは三重県なのですね。
生まれも育ちも東京なのかと思っていました。


「孤島の鬼」は読んだことがありません。今度読んでみますね。

…と入力して、自分は乱歩さんの作品の何が一番好きかなぁと思って本棚を眺めて、びっくりして戻ってきたところです。
6冊あったのですが、その中の1冊が、なんと「孤島の鬼」でした。…いつ読んだんでしょう。

アワワワワ。早速、読みかえしてみます。


丸尾末広さんという漫画家さんが好きなのですが、「パノラマ島綺譚」と「芋虫」を漫画化しています。
その「芋虫」の方、大好きです。
旦那さん、奥様を「許しても許したりない」と思っての最期だったのですね。
もし本屋さんで丸尾さんの「芋虫」を見つけたら、是非、109ページと112ページを見てみて下さい。
奥様が潰す直前の、旦那さんの眼がなんともいえません。

…と書いて、よもやと思い、念のために本棚に戻り確認したところ……。
あぁ、こちらも私、読んでいるのですねぇ。
奥様が、旦那さまの眼を潰すにいたるところ、どんな文章なのか、こちらも読み返してみなくっちゃ♪

ワクワクしてきましたぁ。


そういえば、乱歩さんは、南方熊楠と仲良く、知識としての男色研究仲間でした!
こっちは覚えています。
染め物をしていた頃、「ふのり」という海草を溶かして染料に混ぜて使っていたのですが…。
日本の男色家さんたちは潤滑剤に使っていたと、「南方熊楠 男色談義」で読んで知り、ショックを受けたものです。

駄犬 URL 2013-05-13 (月) 00:22

あ!!

乱歩さんに引き摺りこまれてしまいましたが、早速、おろし金をお使いになったんですね。

駄犬、大根つきと、シリシリ器が欲しいです。


「孤島の鬼」を読み終えるまでは、コメントはお休みします♪
多分。


そうそう、猫だったら、「愚」の字をつけて、「愚猫」がよいかなぁと思います。
なんとなく、お寺に住み着いている猫みたいです。

Re. 駄犬さん URL 2013-05-13 (月) 06:30


そおです乱歩さんって三重の人です。鳥羽の造船所に勤められてたこともあって、 

「 パノラマ島奇譚 」 他の、三重を舞台にした作品へと結実しておりまする。

ワイも 「 D坂 」 が大阪で書かれたと最近知って・・・。 「 よし、D坂のモデルはどこか、

現地調査するぞ! 」  と意気込んだら、ネットで一発検索! 

ネット時代ってツマンナイですね~。 ( 笑 )

丸尾末広さんって初めて知りました。ははあこの絵だな。 ( ネット社会って便利ですね~笑 )

活字が絵になるってのは悩ましいところで、イメージが固定化されてしまうので、ムツカシイところです。

乱歩さんが熊楠と? そりゃスゴい! それこそネット時代でもないのに、スバラシイ!

確かに潤滑剤、要りそお~。 ( アワワッ誤解しないでね! )

愚猫ですか、よいですね。知を経て愚に至る、そおこなくちゃ! ワイにもお寺に住み着いてる猫が見えます。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/1532-6ae7a079
Listed below are links to weblogs that reference
 5月12日 from 貧食亭日記

Home > 未分類 >  5月12日

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top