Home > 未分類 > 10月 6日

10月 6日


DSC00001_convert_20131006105405.jpg

固くて泡の控え目な石鹸。

DSC00007_convert_20131006105423.jpg

広がりすぎるダメシャワー。

DSC00014_convert_20131006105448.jpg

東横インみたいな使い捨てスリッパさえアラヘン。

DSC00020_convert_20131006105514.jpg

枕変わり寝れないところへ、映画にも出てくる、あのフランスのパトカーが

「 パ~ポ~パ~ポ~ 」 の音そのままに走り回る。それでも楽しいゾ。

DSC00022_convert_20131007081003.jpg

朝早いよおだが、7時半。

DSC00034_convert_20131007080159.jpg

毎月第一日曜は、市内の美術館が無料。

DSC00074_convert_20131007080442.jpg

ルーヴル行かなきゃ。

DSC00046+-+コピー_convert_20131007081646

何かわかる?

DSC00083_convert_20131007082218.jpg

カンビン入れ。

DSC00094_convert_20131007081830.jpg

さすが本場は大層美味。 

DSC00101_convert_20131007083310.jpg

でもこの街の住民は、地面がゴミ箱だと思ってるらしい。

DSC00119_convert_20131007082251.jpg

気候がいいから、こおいう旅行者も出てくる。

DSC00045_convert_20131007101336.jpg

警官と黒人グループがつかみ合い寸前。

DSC00130_convert_20131007083551.jpg

某教会。

DSC00135_convert_20131007083632.jpg

オモロそなんで寄ってったら、内輪の集会とかで体よく追い出された。

DSC00141_convert_20131007084452.jpg

こと宗教に関しては日本人の雑食性は通用しない。下手すりゃ命モンです。

DSC00162_convert_20131007084627.jpg

「 パリ市庁舎 」

DSC00156_convert_20131007084751.jpg

水道水。

DSC00160_convert_20131007084856.jpg

シテ島に入るよ。

DSC00189_convert_20131007084919.jpg

親水環境。

DSC00192_convert_20131007084944.jpg

水は案外キレイ。

DSC00457_convert_20131007091403.jpg

「 ノートルダム大聖堂 」

DSC00334_convert_20131007091325.jpg

パリの建築物の中でも特に貴重なもので、 

” 我らの貴婦人 ” の意が示す通り、聖母

マリアに捧げられたものである。1330年完成。

DSC00310_convert_20131007090723.jpg

献台のローソクには2€ ( 約264円 ) と5€があり、ワイ大奮発!

DSC00286_convert_20131007092621.jpg

荘厳なミサ曲 ( 聖歌隊付き ) が流れ、魂が涙する。

DSC00383_convert_20131007092741.jpg

静粛は厳守。入口でも神父さんが 「 シィ~シィ~ 」 って注意。

DSC00400_convert_20131007092902.jpg

第一日曜だから、今日は無料。 ( 普段は8.5€ )

DSC00516_convert_20131007094340.jpg

裏手。

DSC00486_convert_20131007093744.jpg

しかし絵になるなァ。

DSC00500_convert_20131007093816.jpg

大阪の中之島はシテ島を模したらしいけど、雰囲気似てるワ。

DSC00041_convert_20131007095735.jpg

ジュテムジュテムジュテム~  ♪

DSC00524_convert_20131007093855.jpg

女子だけ取られる有料トイレ。理由は、ワカラン。

DSC00036_convert_20131007094431.jpg

4.6€。

DSC00037_convert_20131007100620.jpg

パリジャンニャン発見。

DSC00039_convert_20131007095653.jpg

一方スズメは丸々肥えてる。近づいても逃げない。

DSC00541_convert_20131007103200.jpg

ひときわ目を引く珍奇なリキシャ。

DSC00559_convert_20131007095425.jpg

枯葉よ~枯葉よ~  ♪

DSC00584_convert_20131007101434.jpg

鳥の市。

DSC00570_convert_20131007101512.jpg DSC00572_convert_20131007101537.jpg

卵も売るのね。

DSC00035_convert_20131007101603.jpg

大の男が辺りを憚り小さな鳥かごをブロック。非常にアヤシイ。

DSC00033_convert_20131007120340.jpg

路上ビジネス二題。とっても芸術性の高いお店もあれば

DSC00023_convert_20131007120243.jpg

犬と缶を並べ寝そべってるヤカラも多い。

DSC00450_convert_20131007120455.jpg

ホームレスの多さにはビックリした。あと娼婦とおぼしき女性・・・

花のパリは光と影の落差がすごいみたい。

DSC00617_convert_20131007102442.jpg

ルーヴル行かなくちゃ!

DSC00032_convert_20131007102548.jpg

橋の鍵は恋人の鍵。

DSC00670_convert_20131007102812.jpg

その場で買って文字を書く。

DSC00666_convert_20131007102741.jpg

アビニョンの丘に雨が降るよ~ ♪

DSC00034+-+コピー_convert_20131007103253

今度は自転車同士の接触。パリのポリスは大忙し。

DSC00717_convert_20131007103552.jpg

エライ並んどるがな。

DSC00028_convert_20131007104727.jpg

スリにご注意。

DSC00733_convert_20131007103649.jpg

結局90分待った。こんなことなら、と思うが、途中で出るのは恥ずかしい。

DSC00740_convert_20131007103708.jpg

空港並み。

DSC00866_convert_20131007104822.jpg

おおっ!

DSC00910_convert_20131007104952.jpg

わわっ!

DSC00884_convert_20131007104853.jpg

ゲゲッ!

DSC00836_convert_20131007110108.jpg

写真撮影OKなのは、なぜだろ? 日本はなぜダメなんだろ?

DSC00896_convert_20131007110136.jpg

この熱気! もはや何なのか、解るよね。

DSC00966_convert_20131007110220.jpg

皆さんあのポーズなさる。誰のキメなのか、どなたか教えてくだされ。

DSC00981_convert_20131007110246.jpg

12€ ( 約1600円 ) 惜しんだら損。今度はゆっくり来よっと。

DSC00987_convert_20131007110313.jpg

栗がフツーに落ちてる森って、ステキ。

DSC00026+-+コピー_convert_20131007120312

この手のワンちゃんを非常によく見かける。

DSC01032_convert_20131007110938.jpg

マンホールで芸術性を発揮する気は無いらしい。

DSC00996_convert_20131007110433.jpg

この美術館も無料やなァ。今日はもお脚が無理・・・

DSC00990_convert_20131007110404.jpg

「 署名してください 」 って声かけられたら注意だよ。小銭要求されます。

DSC01028_convert_20131007113404.jpg

この街の人は、交通ルールより自己判断を絶対的に優先する。

DSC01027_convert_20131007110802.jpg

そんなところもなんか大阪っぽい。だから土地に違和感ないね~

DSC01039_convert_20131007111018.jpg

身長もあんまし変わらない。でもホットスポットとなると、アメリカ人や、

北欧系の見上げるよおな大男大女がゴロゴロしている。風よけにもなる。

DSC01062_convert_20131007111110.jpg

「 凱旋門 」

DSC01073_convert_20131007112401.jpg

なかなか出てこんとかで、老夫婦の怒りは頂点。お婆ちゃんなど

持ってる傘でドアを叩いて、通行人のワイにまで文句言ってきた。

DSC01080_convert_20131007112441.jpg

あまりにも人種のるつぼなんで、身長とか肌の色とかドーでもよくなる。

レイシズムや外人排斥運動ってのは、ひ弱さの表れかな? とも思う。

DSC01122_convert_20131007112511.jpg

「 聖オーガスティン教会 」 。観光地でも何でもない。通りかかっただけ。

市中にはこんなのが無数にあって、ガイドブックにも載ってない。

DSC01098_convert_20131007112536.jpg

パイプオルガンの生演奏だっハレルヤ!

DSC01136_convert_20131007112653.jpg

ああ脚痛~。公共交通の乗り方覚えんとイカンな。

DSC01150_convert_20131007113004.jpg


13.28€。 ( 約1580円 )  ヌードル1030円なのに

メチャマズい。ワイどこから来た思てんねん? 粉モン王国やぞ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

Comments:10

のんちゃん URL 2013-10-07 (月) 13:01

とくさんこんにちわ。
すごい読み応えの旅日記です! 歩き過ぎで、お食事がちょっぴりなので、痩せちゃうんじゃないですか?
じっくりゆっくり見ていたら、昼休みが終わりそうです(汗) コメコメ・・・
先日、高校生クイズでもパリの街並みはみましたが、その場にいらっしゃるとくさん、うらやまP~!
芸術性の高い街並み(教会まで芸術)で、素晴らしいですね。
そんな素晴らしい街のホテルなのに、ちょっと残念ですが、ここは我慢ですね(笑)
パリジャンニャン、どうどうとしてて、あたしはパリっ子よ、という自信が見えます^v^
まず、足にバンテリンを塗ってオヤスミください。

とらぞー URL 2013-10-07 (月) 16:49

街も美術館もいろいろ見てきてください。

>光と影の落差
地方に行けばそれほどでもないんだけど
パリはそういう感じがありますね。

明日はどこに行くんでしょう。

あらた URL 2013-10-07 (月) 17:08

きゃーっ きゃーっ きゃーっ

見るたびに絶叫。なんて素敵な・・・・

シャワーヘッドのシルバー感がたまらない 石像たまらない ローソクのイラストたまらない

そんな素敵なステンドグラスを生で見たら、私きっと泣くと思う

いいなーいいなー おいくら万円で行ってるのだろう(下世話)

とにかく住宅ローンが終わったから、貧乏人は老後のわずかなたくわえと、子供にちょっとでも迷惑かけずに死ぬために

今働かなきゃ・・・と思ってたけど、

それより前にちょっと人生楽しむためにも働かなきゃ―ぁーぁー

で、おいくら万円??

いいなーっ



2013-10-07 (月) 18:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

たい URL 2013-10-07 (月) 20:20

汁ぶプレの国は食事がおいしいと思ってましたが
そうでもないみたいですねぇ。

道路もきれいで小銭要求ナニソレ?交通ルール守ります!な
イメージでしたが、これもまたそうでもないみたいで・・・

日本って結構住みやすいかもですね(笑

よしお URL 2013-10-07 (月) 20:23

わ~!
どの風景も素敵ですね!

さてはあのリュックはパリ旅行用に購入しましたね!?(笑)旅行中はやっぱり両手が使える方が便利ですもんね。

ルーブル、行ってみたいです…猫のミイラ見たいのです。人だかりは…モナリザかなぁ~?

いろんな場面を見られて、とくさんと一緒に旅してる気分で楽しいです☆ありがとうございます!!

パリのお猫は模様までオシャレに見えますね。

ヌードルお高い!この夜ごはんでこの値段って!でもクロワッサンおいしそうです~(ヨダレ)

Ann URL 2013-10-07 (月) 20:32

スゴイぞトクさん!!貧食亭もヨーロッパ進出ですね おめでとうございます☆
まんまと、驚かされました。Ann はひっくり返りましたよ♡
新婚旅行でパリに行きました。しかし四泊五日で帰国しました^^; 長旅が羨まし〜い
素敵な空気がとっても伝わります セーヌ川沿でデリとワインでピクニックしたかったです
ぜひマルシェのリポート欲しいです ムッシュ~

narinaru URL 2013-10-07 (月) 21:29

今回は、何処へ行ったのかな~っと、、、なんて軽い気持ちで見てたのに!!!
じぇじぇじぇ!
マサカの海外進出おめでとうございますΣ(・□・;)
なんかワールドワイドな展開に吃驚仰天。
チープな石鹸とシャワーに誤魔化されたなあ。
ルーブル美術館は行ってみたい美術館のひとつです。
私、高校は美術科で油彩専攻だったんですよ。
教科書や画集に掲載されている作品を直に鑑賞できるなんて羨まし~…
ゴハンはハズレみたいで残念感の漂うヌードルでしたが、大聖堂のステンドグラスやミサで帳消しかな?
お疲れ様でした(^-^)

みえっこ URL 2013-10-07 (月) 21:39

さすがとくさん!旅番組やガイドブックとはちがうリアルな町がすっごい面白かったです!!!!

meicai URL 2013-10-07 (月) 22:24

とくさん、今晩は。(あ、時差があるから、こんにちは ですか?)

パリ、街並保存のため景観にはかなりうるさいと聞きました。
アパルトマンの外壁の塗り直しや、窓枠を取り替えるのにもデザインやカラーの規定が厳しいそう。

ルーブルですか、羨ましい。エジプト/カイロの歴史考古博物館とともに一生涯で行っておきたいリスト中のトップでございます。
人だかりは、「ダ・ヴィンチ=モナリザ」或いは「ドラクロワ=民衆を導く自由の女神」でしょうか。
彫塑のほうは「サモトラケのニケ」を見たいです。=躍動感溢れる勝利の女神像、出身大学のシンボルでレプリカもあるのですが。


>ああ脚痛い。公共交通の乗り方覚えんとイカンな。

とくさん、初日からあまり飛ばし過ぎずに少しは休んで下さいませ。
欧米でお一人旅だと(本当?彼女連れてない?)夕食に難儀することがあるかもしれません。水事情はあまりよろしくないでしょうからお気をつけてね。
どうぞ楽しい旅でありますように。

一路順風、感到快楽!!


Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/1683-a3140796
Listed below are links to weblogs that reference
10月 6日 from 貧食亭日記

Home > 未分類 > 10月 6日

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top