Home > 兵庫・山陽 > 12月13日

12月13日


DSC02390_convert_20151213212800.jpg

ろおかる線はそこかしこの会話が川のさざめきにも似て

DSC02412_convert_20151213212900.jpg

J R 「 津山 ( つやま ) 」

DSC02507_convert_20151213213632.jpg

バスが揺れると熊も

DSC02488_convert_20151213213039.jpg

「 奈義 ( なぎ ) 町現代美術館 」

DSC02453_convert_20151213213914.jpg

現存する30数点のフェルメールを追い世界を旅するファンがいるが、

ワイは ” 死なない ” 芸術家、荒川修作を ” 追っかけ ” 。

三鷹天命反転住宅。養老天命反転地。そしてここ 「 奈義の竜安寺 」 。

DSC02460_convert_20151213214004.jpg

こけそー。

DSC02446_convert_20151213214024.jpg

岡崎和郎 「 HISASHI 」 。 歩みが四面に反響し、増幅され、

身体と空間が一体不離となる全能感。天井の高い部屋って素敵・・・

DSC02494_convert_20151213214113.jpg

白菜とキャベツの上バス停

DSC02526_convert_20151213220456.jpg

津山は城下町。伝統的建造物群保存地区があります。

DSC02547_convert_20151213220528.jpg

幕末期の高名な蘭学者、箕作 阮甫 ( みつくり げんぽ ) 旧宅。

DSC02537_convert_20151213220606.jpg

その師宇田川玄真は、コーヒーに ” 珈琲 ” の字をあてたことでも有名。

厳しい自然の盆地ゆえ、地道に勉学に励む秀才型を輩出したんだって。

                    ( ええっB'zの稲葉ハンもここの人? )

DSC02562_convert_20151213220626.jpg

「 福寿湯 」 ?

DSC02572_convert_20151213222751.jpg

「 地域のお年寄りが集う場を作りたいんです 」  プロジェクターで

大相撲中継も流すそお。時代はいつだって厳しいけど、頑張れ若者!!

DSC02601_convert_20151213222825.jpg

んで、骨の周りのお肉を使った ” そずりバーガー ” ( 550円 ) 。

DSC02577_convert_20151213222849.jpg

人が、河原の石ころを注意深く踏みしめるよおにしゃべる街だと思った。

車が、疑わしくなるほど速度出さない。〇沢と大違い。

DSC02608_convert_20151213222918.jpg

津山城跡=鶴山 ( かくざん ) 公園。春の桜が壮観だそお。

DSC02617_convert_20151213224727.jpg

「 B-1グランプリ 」 常連の ” ホルモンうどん ” 諦め。

DSC02627_convert_20151213224642.jpg

まだ3時なのに観光協会で聞いてきた全てのうどん屋が閉めてる。

いつでもどこでもたこ焼きが買える大阪は有り難い街だとつくづく思う。

DSC02635_convert_20151213223019.jpg

でも天満屋から

DSC02638_convert_20151213223038.jpg

吉井川をダイレクトに渡り駅前に至る歩行者専用一本橋は実に爽快。

こんな通勤路 ( 通学路 ) がどの街にもあればいいなァ。

DSC02675_convert_20151213224750.jpg


車内で食べる。


 

Comments:4

ぴの URL 2015-12-14 (月) 00:47

わ~い!久々のブラトクサンだ~♪(*^^*)

津山は、建物の雰囲気等、どことなく私の住む街の街並みに似ているのですが、

圧倒的に違う点は、昼間なのに人が見事に見当たらない所です。

> 人が、河原の石ころを注意深く踏みしめるよおにしゃべる街

いいなぁ…って思いました。
訪れた人もきっと、注意深く河原の石ころを踏みしめるようにしゃべりたくなるような雰囲気を持った街ですね。

珈琲屋さん、良いですね~(*^^*)
初めから地域のご年配の方達の憩いの場を想定している所が、素敵!

しかも若い方が地域を盛り上げてるのって、優しい街なんだと分かります。

歩行者専用一本橋、晴れた日には、遠くまで見渡せそうな場所ですね。

ホント通勤・通学路にこんな橋があったら、毎日景色を楽しみながら通うんだろうな~。

ブラトクサン、楽しませて頂きました!
ありがとうございました♪

Re. ぴのさん URL 2015-12-14 (月) 00:58


ウン、いいポイントついてます。そーなんですそおいう人達だから、こちらも言葉を選んでゆっくりしゃべりました。

銭湯改のコーヒー屋さん、ここで生まれ育ったジモティーなんです。ここを借りれたのも、〇〇じーちゃんの孫です、って言ったから

借りれたんですって。 「 それだけよそ者を嫌う街なんです 」 だって。でも若い方がお年寄りが集える場を、っての、いい話

ですね~。歩行者一本橋、冬はビュービュー寒いだろけど、これいいわ~景色すんばらしいし、車や危険自転車来ないし、

そのまま天満屋でお買い物~。 ワイが市長なら屋根付けるなァ。小雨くらいならOK! てなわけで、お読み頂きアリガトです!

あび URL 2015-12-14 (月) 11:36

ほぼ読み逃げなんですが 津山に行かれたとあっては黙っちゃおれません。
なんたって 実家近辺ですもの!
白菜畑のバス停は奈義でしょうか?もし そうなら バス停向かいが私の友達の家(笑
稲葉さんの実家は化粧品店で 今は観光名所になっており ほどよく賑わっております
お母さまが記念撮影に応じてくれたりもします
観光バスのツアーに組み込まれてたりするんでびっくりです
お城跡ですけど つるやま表記でしたか?
鶴山=かくざん なんですが・・・城はなく 鉄砲櫓だけですけど楽しめました?
ホルモンうどんは残念でしたねー
でも 今は ホルモンうどんのタレ が 大阪のスーパーでも売ってますから
お買い上げを~ 味は・・・うん・・・まぁ・・・ゴニョゴニョ・・・

よそ者を嫌う  
わかります わかります 
○○さんちの○○です・・・ の件は あるあるです
街といわれてる津山でもそーなんですから
津山から少し離れた地域では そりゃ もうね 
田舎暮らし希望のIターンを誘致してるわりには 引っ越してくるときつい土地柄です
縁故者でも居なければ 近隣のお付き合いからはハミ出されることも・・・
季節折々の地域行事の連絡がなかったり 挨拶はするけど それだけ とかね
うちの主人は 実家周りを散歩してるだけで不審者通報されそうになりましたよ
近所のおばさんが教えてくれて あー ○○さんとこの婿さんかぃな!で落着(汗
○○さんちの○○ は 重要です!それだけで かなり会話や付き合いがスムーズになります

生涯に1,2度 観光でくるから 良いなぁ 素晴らしいなぁ と。
毎朝 毎日 過ごしていれば なんのことはない・・・一本橋

つらつらと長くなってしまそうなので これにて
せっかくの「とく散歩」なのに 失礼な物言いがあったなら すみませんです・・・




Re. あびさん URL 2015-12-14 (月) 12:35


失礼なんてとんでもござんせん。貴重なご指摘で記事に厚みと深みが出ました。ありがとおございます。

ご実家近辺なんですね。白菜畑のバス停、おっしゃる通り奈義です。 ( 上り ) 向いは間口の広いおうちがあったと

記憶してます。 「 かくざんこうえん 」 すぐ訂正させて頂きました。検証不十分でした謝! 

珈琲店のマスター、同級生で地元に残ってるの僕だけ、だそお。岡山って開明的な地ってイメージだったので、 「 よそ者を

嫌う 」 「 外から来て住みやすい土地じゃない 」 っての少し驚きでした。豊かな自然と人情を求めて、なんて移住者の方が

お気楽極楽なんだと思いました。でも地域行事の連絡がないって、それはツライナ。チョンガモン住まれへんな・・・

ホルモンうどん、 「 まーせっかくやから食て帰ってもエエな 」 くらいの気持ちでしたが、これだけ熱がないとは・・・

町おこしとして若者中心ににぎにぎしく・・・と想像してたので、これは意外でした。このあたりにもあびさんのおっしゃる空気

みたいなものが反映してるのかも、デス。 「 若いのがやっとる、ありゃ、なんなら? 」 って感じ。どおでしょう?

でも車は穏やかに走り~ますね。それって好きデス。人も穏やかで、もし住んだら・・・いやー無理かなやっぱり。

改めて、ありがとおございました。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/2348-9cd15139
Listed below are links to weblogs that reference
12月13日 from 貧食亭日記

Home > 兵庫・山陽 > 12月13日

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top