Home > 兵庫・山陽 >  7月24日

 7月24日


DSC09016_convert_20160724214546.jpg

あっあれは ぴちょんくん!

DSC09033_convert_20160724214644.jpg

JR 「 備中高梁 ( びっちゅうたかはし ) 」 ( 岡山県 )

DSC09046_convert_20160724214708.jpg

この運ちゃん後ろから見てると大あくびするわペットボトル飲むわ、

あげくに婆ちゃんがピンポンしてるのにバス停通り過ぎる大失態。

片道1時間エライのと一蓮托生になったもんだ。

DSC09049_convert_20160724215441.jpg

「 吹屋 ( ふきや ) 地区 」

DSC09347_convert_20160724215537.jpg

人造べんがら国内唯一の産地として繁栄を極めた吹屋。

硫化鉄鉱石をさまざまな技法で精製して

DSC09366_convert_20160724215612.jpg

このよおな赤色顔料になるんだよ。 ( 触ったから手が赤い )

DSC09172_convert_20160724230404.jpg

べんがらは繊維や家具、食器の染料として広く使われました。

今では磁気記録媒体としてビデオテープや磁気ディスクにも応用中。

DSC09161_convert_20160724215707.jpg

赤みがかった石州瓦とべんがら格子の取り合わせが

落ち着いた中にも華やぎを感じさせる。

DSC09158_convert_20160724215724.jpg

田舎そばと山菜おこわ。 ( 950円 )

DSC09091_convert_20160724221433.jpg

1日3便 ( 昼間は2便 ) しかないのにバス降りたのはワイひとり。

中国自動車道がないとタブン観光地どころか限界集落だなァ。

DSC09101_convert_20160724221453.jpg

でも当時は殷賑を極め、何千人も住んだらしい。べんがら長者の

広壮な屋敷は映画 「 八つ墓村 」 のロケ地にもなったそお。

DSC09135_convert_20160724221543.jpg

注意して洗濯しないと色落ちしますと正直なところを教えてくれた。

DSC09147_convert_20160724221609.jpg

地元のお酒や味噌しょうゆ。ここで買えば間違いないね。

お土産の裏見たら ” 広島県 ” もあるんで選球眼要るんだ。

DSC09200_convert_20160724222254.jpg

「 笹畝 ( ささうね ) 坑道 」 ( 300円 )

DSC09225_convert_20160724222332.jpg

15度だからマジ寒い。おまけに水滴落ちてくる。

DSC09288_convert_20160724223214.jpg

ルートの大半が中腰歩行なのに抜けると天井まで20メートルは

あろうかという大洞窟。映画 「 エイリアン 」 思い出したぞ。

DSC09276_convert_20160724223119.jpg

で、イキナリ遭遇するから総毛立つんだ。また顔が怖いの。

DSC09273_convert_20160724225416.jpg

ほらね。

DSC09377_convert_20160724224239.jpg

「 バス停ではありません 」  トトロのんに似てない?

DSC09399_convert_20160724224302.jpg

お土産は真性ローカルにしました。 ( カレー屋もあったし )

DSC09120_convert_20160724230346.jpg

ほらね。

DSC09405_convert_20160724224411.jpg


お帰るよ。


 


Comments:4

ぴの URL 2016-07-25 (月) 00:20

べんがらの赤、日本家屋に、とても自然に溶け込んでいて、落ち着く色ですね。

瓦も均一ではなく、所々濃い所や明るい所、錆びたような色ムラがある所、時間の経過で出てくる味が、

後ろの深い緑ともしっとりと馴染んでいます。

洞窟の蝋人形、目がコワイコワイ!
こーいう場所に、この顔を置いとくのは意図的でしょ!笑

でも、「 この人が恐い 」に、吹いてしまいました 笑。

暑い中、お疲れ様でした!お膝は大丈夫でしたか?どうか、ゆっくりお休みくださいませ。

たか20 URL 2016-07-25 (月) 06:44

おはようございます。吹屋地区すごい田舎でしょう。私もね以前行ったのですが、まだナビのない車で地図をみながら
いったのですが、地図を反対に見て行ったものですから、なんと逆方向からそこに帰るという失態を演じております。
本当に縦貫道がなかったら限界集落でしょうね。ここ数年観光スポットになったからね。高梁は美術館なのど施設もいいのが
あって観光に力が入っているみたいです。駅前のお菓子屋さんのはちみつロールだったかが有名なんですよ。
弁柄ね心惹かれる色です。うちの近くに柵原鉱山があり、そこは主に黄銅鉱を採掘していたらしいのですが、硫化鉄鉱石も採掘して
弁柄工場があります。しかし、国道沿いの弁柄工場は廃墟になっていますが・・・・・。
遠い中お疲れさまでした。

Re. ぴのさん URL 2016-07-25 (月) 20:56


おっしゃる通りで、べんがらの塗られた時期、部位、風化具合によってビミョーに色合いが違います。夕焼けのあかね色に

染まる時街に魔法がかかるそおです。日帰りでは無理だな~。坑道のフィギュアホンマびっくりしました。顔が恨めしいし笑。

実はメインストリート沿いでも廃屋が目立ったんです。べんがら格子、中は空き家。お土産買うって大事なことだ! 思いました。

Re. たか20さん URL 2016-07-25 (月) 21:04


地方の方にとっては道は血管、車は血、ツクヅク思いました。かつての栄華を感じながら散策・・・なんてメルヘン吹っ飛びました。

標高550mってのがネックですね。米作りができない。土地もない。おっしゃる通り市が観光事業に力をいれてますので、あの

竹田城みたいににわかブームになるかしら? 可能性はおおいにあると見ました。夕焼けに染まると美しいそおですよ!!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/2522-ab9bf250
Listed below are links to weblogs that reference
 7月24日 from 貧食亭日記

Home > 兵庫・山陽 >  7月24日

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top