Home > 未分類 > 11月14日

11月14日


DSC07968_convert_20161114202717.jpg


「 痛覚とかないし、頭が大事だという概念がないんで、この動きが

  気持ち悪いんで、ゾンビゲームの動きに使えるんじゃないかって 」



「 毎朝会う身体障害の友人がいるんですよ。その彼のことを思い出して、

僕は面白いと思って見ることができないですよ。極めて不愉快ですよね 」


DSC07953_convert_20161114202036.jpg

人工知能 ( A I ) で動きを学習させたCGを作る会社の社長と、日本を

代表するアニメーター宮崎駿との会話。場はたちまち凍り付いたのである。

社長の言うことも解るんだ。例えば、千と千尋に出てくる ” この世ならぬ

もの ” の動きをデータ入力だけで微細に表現できたらよりリアルな作品が

できる。一方宮崎さんは ” 極めてなにか生命に対する侮辱 ” を感じて

「 自分たちの仕事につなげたいとは思わない 」 と言い放つ。そこで鈴木

プロデューサーが社長に向かい一言


     「 どこへたどり着きたいんですか? 」


DSC07737_convert_20161112144353.jpg

例えば戦争が愚劣な行為で、 ” 生命に対する侮辱 ” であるのは

原爆資料館行けばすぐ解る。でも状況次第で ” 崇高かつ英雄的行為 ”

に転化するのも確か。人が技術や環境を作るはずが、技術環境の進歩に

合わせて 「 なんでもやってしまう 」 。その場合に、譲れない一線、を

保持するのって大変ムツカシイんだと思う。宮崎さんがCG制作を忌避して

きたのは、テータさえ入力すればどんな映像も生まれてしまうマシンより、

” 手で描いた ” 方が自己責任が明確にとれる、と思われた為かな?

DSC07959_convert_20161114202050.jpg


どんな技術だって使うのは人で、そこには制約があって少し苦労した方が

よいのかも。そーいえばスタジオジブリの保育園は子どもが少し苦労して、

” ケガをするかもしれない ” 風に作ってあるらしい。ともすれば記号化

されがちな現代社会を身体性でひとつひとつ再確認してゆくって大事かも。

例えば車の自動運転。安全性ばかりが強調されてるけど、狭~い道路に

ムリヤリの車で人や自転車が壁とキッスする ” 侮辱 ” は自動化で

増々見えないものになるんじゃないの? というわけで、語りました、ハイ。


              

Comments:23

たい URL 2016-11-14 (月) 22:26

現代のバーチャル二次元オタクと昭和の人間味があるアニメオタクの違い
という感じなのでしょうか?
このお二方の背景と実際の関係がよくわからないので、あくまでもわたしの
勝手な想像と造語なので声を小さく笑

これからの日本、CG社長のような考えが台頭して倫理観もなく無機質な世の中になって
しまいそうな一抹の不安があります。
マイナンバーのように記号や数字で呼ばれたり・・・999にそんなお話なかったかな?
あぁ、そんな世界になる前にこの世を終えたいです。


Re. たいさん URL 2016-11-14 (月) 22:48


うん、画面からはそおいう感じでした。社長のプレゼンに宮崎さんが不快感を表明、周囲凍り付く、というシチュエーション。

怖いのは、ワイがおったら明らかに社長側だってこと。 「 とくさん、頭のない人間の動き、できるだけ気持ち悪く作っといて 」

「 ハイ! 」  ( CGの目的は、 ” 人間が想像できない気持ち悪い動きを作る ” でした )  で、バイオハザードみたいな

ヒット作にしたいな~と一生懸命作る。で、宮さんに怒られる。 「 どこへたどり着きたいんですか? 」 なにも答えられません。

もし障がい者の友人がいたら見せられない。 「 こんな動きは気持ち悪いんだよ 」 なんてメッセージを下肢マヒの人になんか

見せられない。障がい者差別以前に、何か人として欠損してるんじゃないかと自分を疑ってしまいます。それが怖い。ブログ

書けなくなります。もしそんな世界になるなら、見てやりましょう。それまで生きましょう。できるだけ長生きして、多くを見る。

そこにしか人類の希望はないとも考えます。ヤヤコシイ記事にコメントホントにありがとおございます!!

たい URL 2016-11-14 (月) 22:51

でも、監督がそのCGの動きを障害のある知人を思い出してしまったの行ですが
別にCGの社長は障害のある方の動きを模して作ってると言ってる訳ではないの
ですよね?
ならどっちもどっち?汗

たい URL 2016-11-14 (月) 22:53

あ、ごめんなさい。ちょっと補足と思ったら
とくさんからお返事頂いてた!ぶり返したようで申し訳ないです!

ぴの URL 2016-11-14 (月) 23:02

さっき、録画したこの番組、観ました。

宮崎さんの言わんとしているところ、私なりにですが、分かった気がします。

リアルを追い求めながらも、そこには責任も覚悟も存在していない世界。

CG会社が製作したゾンビのキャラクター、頭がないから思考も存在しない、だから頭も脚の一部として、

移動する部位にしてしまう事で、気持ちの悪い動きに見える・・・。

ゾンビというキャラクターは、既に生まれている、けれど、そのキャラクターに責任と覚悟を持って

生み出した人は誰一人存在しない、それが怖いな、と私は思いました。

Re. たいさん URL 2016-11-14 (月) 23:07


そーなんです。社長はゾンビゲームに使う ” 気持ちの悪いキャラ ” を考えていて、痛覚がないんで頭が大事という概念が
 
なく、結果頭を使ってくねくねと地面を移動するキャラをCG化したんです。障がい者を貶める意図があったわけじゃない。

番組では映像が流れてましたが、かなり気持ち悪い。四肢をくねらせ床をはう動き=気持ち悪い、とのイメージ処理は、もし

この映像が商品化されれば物議をかもしたと思います。 ( 映像はあくまでも実験 )  宮さんはその発想の貧困さと、 ” 他人に

つながらなさ。痛みを感じなさ ” が不快なんだと思います。手垢のついた ” 障がい者差別 ” から出た発想じゃない。

人はおなじ体のかたちをしてるのに中は恐ろしく違ってるのだと思います。通じ合えないものは全く通じ合えない。社長と宮さんと

どちらかが是非、ってことじゃないと思います。NHK総合で再放送があるのでよければ観てくださいませ~!

Re. ぴのさん URL 2016-11-14 (月) 23:19


ワイってほら、リーマンじゃないですか。だから会社から言われたら喜んで作っちゃう。もしゲーム制作会社にいて、 「 気持ちの

わるいクネクネゾンビ作ってくれ 」  言われたら疑問も感じず作っちゃう。小児麻痺の方の動きが参考になるかな? なんて

考えちゃう。それが怖いんです。 「 どこへたどりつきたいんですか? 」 ってのはワイに向けられた問いであり、とくさんは

答えられないデス。キャラへの責任と覚悟は社長側では ” 他社より気持ちの悪いものを作りヒット作にする ” であり、宮さんは 

” 他者に思いを致せ ” ですからかみ合うはずがない。一番イカンのは 「 社長は障がい者差別だ! 」 なんてわかった

よおなこと言って、自分を傍観者にして一件落着! だと思います。フントね、とくさんはどこへたどり着きたいんでしょね。

ばいたん URL 2016-11-14 (月) 23:36

再放送みたいです。日曜日見れなかったんです。予約しときます。
推測でごめんなさい。私はサラリーマンでない仕事なので、宮崎監督の言いたいことなんとなく解るし、ゾンビの動きを作る技術者の気持ちもほんのり解ります。
監督の感じたのは違和感なんですよね。
多分ですが…その動きを作る方がレオナルドダビィンチが絵を描くとき解剖をした様に突き詰めて研究したらまた変わったと思います。

今ある仕事の8割はAIに取って代わると言われています。
AIに代わりになれない仕事は何か…
私は保育園や小学校の先生かなとおもっています。
子供には寄り添う大人が必要ですから。
私もどこにたどり着くのかな…

Re. ぱいたんさん URL 2016-11-15 (火) 01:12


再放送ぜひご覧になって下さい。なぬ新作長編作るの??? ところで 「 君の名は 」 って大ヒットだけどどんなんでしょう?

NHKで新海監督の過去作やってまして、 「 なんか環境ビデオだな~ 」 思いました。お若い方には人気みたいですね。

AIの進化ってすさまじいです。10年後には男たちはパーソナライズされたAIガールを小脇に閉じた生活を送るかもです。ホント。

AIの進化でなくなる仕事、見たらスゴイですね。学校の先生、もし東大知能を標準装備! なんてAIセンセができたら、先ず

母親たちが飛びつくってことないカチラ? 人間性などというあやふやなもので象徴される職業がまずイノイチに標準化均質化

されそおな気もするのです。あと 「 トータル・リコール 」 みたいに脳内で海外旅行できるよおになったらどーします?

それでもリアル海外行きます?

はな URL 2016-11-15 (火) 09:49

はなです!

はなは難しいことはわからないし、番組も見ていないので感想もなにもないのですが、
どちらも偏見と差別が存在してはいませんか?
ジブリの方も、障害者を見てかわいそうと思っていること事態偏見ですよね。
生活大変やろなあ~頑張ってはるなあ~で良いと思います。彼らの個性ですから。
気持ち悪い動きから身障者や障害者を想像することからして差別や偏見の何者でもないでしょ!

どちらがいい悪いとは言いませんが自分はエライヒトと思っているところがあるのではないですか?
されていることで、人を感動させたり影響を与えたりしていることを僕エラいやろと、思われているのではないでしょうか…はなはエラそうなこと言えませんが神ではないのです人間ですからにっこり笑ってはいられないモノなんだろうなあ~と思いました。論点が違ったらごめんね~

Re. はなさん URL 2016-11-15 (火) 20:44


番組を見てもらえば一番わかりよいのですが、宮崎さんがよく会う身体障害の友人がおられるそおです。

「 ハイタッチするだけでも大変なんです。彼のこわばっている手と僕の手でハイタッチするの。その彼のことを思い出してね、僕は

これ面白いと思って見ることできないですよ。これを作る人は痛みとか何も考えないでやってるでしょう。極めて不愉快ですよね。 

これを自分たちの仕事とつなげたいとは全然思いません。極めてなにか生命に対する侮辱を感じます。 」

ワイも考えてるんです。なぜ宮崎さんがこれほどまでに不快感を表されたのか。たいへんな宿題を貰ったなと思っています。

いろんなご意見大歓迎ですよ~! こんな堅いテーマでご意見寄せて頂けるだけでとっても嬉しいです。ありがとです~!!

エアコン水もれの人 URL 2016-11-15 (火) 20:57

お久しぶりです。エアコン水漏れ対策の人です(笑)。

私もこの映像を途中まで見て、宮崎さんが意見を言ってる途中で止めてしまいました。
感想を書くなら最後まで見なきゃいけないのはわかってるんですが、でもとくさんが取り上げておられるなら書きたい(笑)。
簡単に言うと、実際そういうふうに不自由な移動の仕方をする人はいらっしゃいますので、それを「化け物」のような存在にはできないと思いました。
宮崎さんの身近なところに障がいのある人がいて、社長の方にはそういう友達もいなくてっていうことかなと。
もともと宮崎さんの弱者を見る視点は常に作品に出てます(逆におそろしく差別的だったり、残酷だったりするキャラも出ますね)。
そういった深いところに全く触れない若いクリエイターにはガツンと言いたくなるでしょうね。
社長さんの世界は狭いってことだと思いました。
思いやりもなく、ただ面白さでそういう無神経なことができてしまっている。

この社長さん、その後ツィッターでブツブツ言ってたようですよ。
「文系の人と理系の人は相容れない」みたいな。そういう問題じゃないですね。

とくさん、いい話題を取り上げてくださってありがとうございました。なんかスッキリ。(ここで吐きだしてすみません)
寒くなりましたのでお体にはお気をつけてお過ごしください。

Re. エアコン水もれの人さん URL 2016-11-15 (火) 23:43


アハハ~またなんかオサレなハンドルネーム考えてね~! んで、 ” 気持ちの悪いものほど訴えかける文化 ” ってのは

いつの時代にもどこの国にもあって、こないだ 「 見世物展 」 見てきたけど、牛女や蛇男 ( 要は身体障害者の見世物です )

なんかは主催者や後援に日本教育協会とかなんとか書いてる。つまり教育的訓導であって、 「 親の言うこと聞かないとこーよ 」

ってことです。教育的とのお墨付きをもらって大衆は堂々と障害者を見物できる。あとはより ” 気持ち悪い ” ほど興行的に

成功するってこと。社長さんの 「 この動きが気持ち悪いんで、ゾンビゲームの動きに使えるんじゃないかって 」 ( 録画した

ままに書いてます ) て発言もメーカーとしては当然のことで、先ず利益を上げることが社員と株主に対する責任ですものね。

ブツブツ言われてましたか~アハハ! まー全然かみ合わないもの。向いてる方向が全く違うんだから。おっしゃる通り宮崎

アニメには ” 異形のもの ” が数多く登場します。カオナシ、豚さん、らい患者。全てが善玉ではない。それぞれがその作品の

重要なファクターです。漫画版ですが 「 風の谷のナウシカ 」 ではヒドラという人工生物が滅びと慰安の双方を彼女にもたらす。

我々はその気持ち悪さ、得体のしれなさ、あるいは可愛さからそれぞれがそれぞれの思いに引き寄せて何かを学べます。

先ず気持ち悪さから作る、というアプローチが宮崎さんにはないのだと思います。文系と理系の違い、ウン、当たってないことも

ないかも知れないです。理系は科学技術を疑問なしにどこまでも追及するけど、文系はそこで 「 ちょっと待って 」 思って

しまいますもの。アインシュタインさんは両方の脳をもってはったのかな? 大事なことは、 「 障害者差別だ! 障害者が

傷つく! 」 って発想しないことです。その印籠の前では皆思考停止になってしまう。社長にそんな意図はなかった。公開する

意図もなかった、これで一件落着です。大事なのは、人の体をより気持ち悪く造形する、という思想です。ミケランジェロは

その反対のことをしたし、ボスは怪物を描いて逆説的に神の恩寵を伝えようとした。社長は 「 どこへたどり着きたかった 」

のでしょう? エアコン水もれの人さんにとっても宿題ですね~。 ( ハンドルネーム変えて~笑。)  ではこれにて!!

与謝野 URL 2016-11-16 (水) 06:35

とくさん

エアコン水漏れの人 改め 与謝野です。

障がい者の見世物が教育的な意図のあるものだったとは存じませんでした。
が、「日本教育協会」なんて、教育機関でもなんでもないのでは。検索もしました。

社長と宮崎さんの頭の中が全然ズレてるってことははっきりしています。
私、特別支援学校の教員なので、あの動きをする物体を人間だとすると見ていられません。
やっぱり肢体不自由のかたの動きにオーバーラップし、知っている人を思い起こさせるのです。
不随意運動やマヒ、拘縮によって可動域の限られた身体で、それでもなんとか自力で動こうとしている人に似ています。
それを「気持ち悪い動き」と はっきり言ってしまうことに不快感を感じるんです。
気持ち悪くても精一杯やってる。必死に動いてる。
「障がい者が傷つく」って言ってるのとは違いませんか?
障がい者がかわいそうというのとは違うと思います。
身近にそういう人が居て、親しかったらできへんよと言ってると思います。
一生懸命なのを笑えない。友達を笑うことはできない。
そういう人とは全く隔絶した立場にいて、何も感じなくなっていることについて言っていると思います。

まあ、あれは作り物なんですけどね。ゾンビ的な架空の存在ということですが。
分かってるんだけど、人間の姿をしていて、似てるのよ・・・。似すぎ。


とりあえず、宿題としてもう一度ビデオ見て、クールになって考えます。
とくさんと私もずれてますかね(苦笑)。私、とくさんの感性 好きなんですけどね。
ほな、また。

Re. 与謝野さん URL 2016-11-16 (水) 07:19


「 見世物展 」 で当時のポスター見まして、そのうちのいくつかが教育協会的な ( もっと道徳的な名称でした ) 団体が

主催や後援してたと知りました。撮影禁止でしたので残念。関連ムック本は1700円だったし無理。戦前は男の子が生まれると

「 軍人さんだよ~ 」 って時代だったと聞きます。こんな子を産んで、と思いつめ母子ともども命を絶った話もあるそおです。

人工知能について詳しくはないのですが、身体を欠損させたモデルを作り、あとはAIに任せれば環境や速度にどお対応した

動きになるかあらゆる角度から見せてくれるみたいですね。その中で ” 気持ち悪い ” 動きをセレクトしてゲームに活かす。

ワイが怖かったのはもしワイが社長の会社にいたら疑問なくするなァ、てことです。 「 とく君作っといて 」 「 はい! 」

ワイ打ち込むタイプだからエエもん作ります。障害者の画像ググって、3Dプリンタで再現して、仮想空間で動かしてみる。

「 エエもんできたな! 「 ハイ! 」 「 給料アップ~! 」 兵器作ってる人もこんなんでしょね。フツーにおじさん、おばさん。

イロイロ考える事あります。宮崎さんは高尚なことば使われたけど、大阪には 「 やらしいことするな 」 ってことばがあります。

やらしいことして生活を立てたくない、思います。感性は着物の柄と同じで変えられない。ズレててもエエですやん!

ではでは!!

ななてん URL 2016-11-16 (水) 17:15

とくさん、こんにちは
私もたまたま宮崎駿さんの番組を見ていました。
宮崎駿さんがゾンビのCGを見て怒っててテレビカメラが入っているのに相手の社長さんが気の毒だわって思ったの
きっと相手の社長さんは「あっ、やってしまった 」と思ったよね。
私もね会社に出勤するときに本当に一歩一歩を歩くのが大変な方をお見かけします
でも全然、CGの画像と全く結びつかなかったです。
それにしても、宮崎駿さんバイタリティーありますよね。
もう一度、長編アニメに挑戦なさいますよね。すごい!です。
天空の城ラピュタとかナウシカが好きかな^^

パプリ子 URL 2016-11-16 (水) 18:22

 私がこの動画を見た時に思ったのも、与謝野さんと同じ、この人たちは障がい者と接したことがないんだなあということでした。私もあの動きは、即座に脳性麻痺の人を連想しました。これを ”気持ちの悪い動き” と新しい発見のようにプレゼンテーションされても、宮崎氏や一部の人達にとっては、快・不快は別にしても感服に値するものではないように思います。AIを用いなくてもアニメで再現することは可能であったろうと思います。しかし、障がい者の動きを観察して新たなゾンビの動きを創作しようという発想には多く人は抵抗感を持つことと思います。

 与謝野さんのコメントを拝見して、ドワンゴの川上社長が、宮崎氏と議論の後に呟いたのではないかというツイートを見てきました。
 「文系って小学生レベルの混ぜっ返ししかできない」「文系って冷静な分析ができなくてすぐに感情論にする」と言い切る理系エリートの川上氏のツイートを見て、相当感情的になっているなあと思いました。しかし、すごい自信ですね。
 川上氏の脳はワーキングメモリのサイズは大きいけれど、インプットされている情報は多くなく偏りがあるし、宮崎氏の脳に保存されている情報と繰り返された思惟の量と質はそれをはるかに凌駕しているように思います。しかも、宮崎氏が作ろうとしているのは、子どもから成人までの広い対象に向けたメッセージを持つ映像作品です。ネットの書き込みの中にあった「プレゼンは相手を見てしなくっちゃ」というのをしみじみ痛感しました。
 
 将棋や囲碁の勝負でAIが人を圧倒するようになったけれど、MSのAI「Tay」がヒトラーを賛辞し暴言や差別発言を繰り返して公開わずか1日で提供が停止されましたね。この時、MSの幹部は「Tay」の脆弱性について触れ、謝罪しました。川上氏は議論が噛み合わないことの責任を、文系脳の低性能故として済ませてしまうのは残念なことです。

 「どこへ辿り着きたいの」かは、常に考え続けなければならないことだと思います。
 テクノロジーの進化はすさまじいものがありますが、毎年毎年ノーベル賞で大騒ぎをするけれど、その前にこの賞を創設したノーベルの苦悩についても、少し考えてみるべきかも知れませんよね。
 
 多くの仕事がAIにとって代わるようになるかもしれないけれど、毎年刊行される「六法全書」につけくわえられる判例を見るたびに、人間の持つ能力の底知れなさに感じ入ります。

 塾はAIで代替できるでしょうけれど、幼児教育や義務教育はちよっとむずかしいんじゃないでしょうか。

かのん URL 2016-11-16 (水) 19:08

とくさん、こんにちは。
とくさんの一人飯がいつも美味しそうで拝見しているものです。

同じ番組を偶然見ていました。
宮崎監督のスケッチ画が好きで観はじめたのが、番組を見終わるとアニメの製作現場の様子以上に、
「貴方はどこに辿り着きたいのですか?」の言葉がズーンと胸に残りました。
前職がジャンルは違えどものづくりの現場で、プレゼンする側でした。社長側の気持ちも分かりますが、試作品とはいえ、モチーフがずいぶん後味が悪いなぁと感じました。
強い思いで辿り着きたい場所があってものづくりを魂込めて行う監督と、新しい技術ありきで何か出来ないか探る社長の間には何か深い溝を感じました。
モチーフがゾンビでなくても、やはりプレゼンは失敗だったでしょうね。
とりとめなく書いてしまいすみません。

自分に向けられた、何処へ、の問いの答えはもう暫く考えたいとおもいます。

とくさん、このような考える場をくださりありがとうございました。

お料理のほうも、引き続き楽しみにしてます。特にパンに期待してます^ ^

Re. ななてんさん URL 2016-11-16 (水) 20:41


初期の作品 ” ほど ” 、よかったですね~。ジブリが大きくなって養うべきスタッフが多くなればなるほど輝きを失っていった

気がします。おそらく今度の長編アニメが最後かな? ワガママの限りを尽くして作りたいように作ってほしいと思います。

ワイもナウシカやラピュタのようなの観たいな。社長さん、お気の毒でしたね。木を見て森を見なかった。生き方のスケールの

違いと言ってしまえばそれまでですが、宮崎さんも相手を否定したわけじゃない。 「 やりたいならよそでやってくれ 」 てことです。

改めてジブリとは何か、考えました。自分の生き方も考えました。ななてんさん始め読者さまにも考えて頂き嬉しかったです。

Re.パプリ子さん URL 2016-11-16 (水) 21:04


あのCG見ながらぼんやり思ったのは 「 この人達血族友人に障害者はいないだろな~ 」 。で、宮崎さん噴火! 無理ない・・・

で、血族友人に障害者がいないとなると、これが抵抗なく作るんです。ワイも作ります。つまり 「 障害を持った方の痛みを感じろ 」

ではアカンのだと思う。性犯罪で 「 君の妹ならこんなことできるんか! 」 でも妹じゃない。だからできる。だから別の

アプローチでないとダメなんです。ジブリアニメだってたいがいグロなもの出てきてます。カオナシだってタタリ神だってそおだった。

オームだって最初は気持ち悪い。だがオームは気持ち悪がらせるためにいるんじゃないってだんだんわかってくる。

世界観というのかな? 美意識かな? 宮崎さんはその作品を通して、一貫して 「 この世は生きるに値する 」 と訴えて

こられました。だからあのゾンビも ” 生きるに値 ” しなければならない。社長にそこまでゾンビと付き合う覚悟があったかどおか。

呟いてはりましたか! たまたまNHKが入ってて全国ネットで流れたんですものね。その点はかな~りお気の毒と思います。

教育の現場、複雑であるからこそ人は平準化を求めたくなる、ってのあると思います。将来、主要5科目は完全AIティーチャー。

「 人間性を要求する 」 と人々が考えたがる美術や音楽、体育のみリアル先生になると予想してます。ま、ワイおりませんが笑。

Re.かのんさん URL 2016-11-16 (水) 21:14


鈴木プロデューサーのあのことば、人によっては宮崎さんのお怒り以上に心に響いたと思います。ワイも自分自身に問われたなァ、

思いました。貧食亭も雑事にかまけて森を見てないのではないか、いやそもそも森なんてあったのか? よしっこれからは

大河ドラマにするぞ! でも先ず先立つものが・・・なんてレベルです笑。

>強い思いで辿り着きたい場所があってものづくりを魂込めて行う監督と、新しい技術ありきで何か出来ないか探る社長

その通りだと思います。一突きで急所を押えて頂き頭の整理ができました。こちらこそ一緒に考えて頂きありがとおございました!

パンですか! 任せといてくださいマセ! 腕前も上達中だし、次回は果物とか乗ったやつ ( 名前知らない ) に挑戦します!

こうご期待!!

与謝野 URL 2016-11-16 (水) 21:30

再び参りました。蛇足を付け足しに。

ななてんさんへ  
(とくさんへのコメントに私がレスするのはおかしいと思てるけどあえて)

>「私もね会社に出勤するときに本当に一歩一歩を歩くのが大変な方をお見かけします
> でも全然、CGの画像と全く結びつかなかったです。 」

うん。表を出歩いてる人が障がい者の全てじゃないのです。

と言っておこうと思いましたので。では。

Re. 与謝野さん URL 2016-11-16 (水) 21:39


コメントありがとおございました!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/2590-4951ad2c
Listed below are links to weblogs that reference
11月14日 from 貧食亭日記

Home > 未分類 > 11月14日

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top