Home > 京滋・北陸 > 10月 1日

10月 1日


DSC01563_convert_20171001204006.jpg

J R踏切のすぐ横が

DSC01571_convert_20171001204020.jpg

「 腹帯 ( ふくたい ) 地蔵 」

安産を祈願する者ことごとく不思議の御利益あり。

DSC01628_convert_20171001204056.jpg

「 伏見稲荷 」 のとなりに

DSC01582_convert_20171001204144.jpg

「 ぬりこべ地蔵 」

DSC01609_convert_20171001205053.jpg

元は塗り壁の立派なお堂におわしたという説と、病気を塗り込める、が

なまったという説がある。祈願の葉書を書いて送ると歯痛が治る。

DSC01634_convert_20171001205501.jpg

有名な伏見稲荷の千本鳥居。実際は8千本とも1万とも言われるが、

ここ、江戸期から続く 「 長谷川工務店 」 が独占的に建ててくれる。

気になるお値段は大きさ次第。20万弱から100万超まで6タイプあります。

  DSC01632_convert_20171001210626.jpg
 
   今日は食たろ思って来たけど、どの角度から見てもそそらない。  

DSC01648_convert_20171001205544.jpg

如来が高位から悟りを説く存在とすれば、地蔵は衆生の生活に分け入り、

共に泣き悩み、その煩悩を一手に引き受けよおとするスーパーマンなのです。

「 このハゲ! 」 などと叫ぶ輩は六道に迷い輪廻の不退転を成し得ないのです。

DSC01665_convert_20171001205632.jpg

え? 地蔵は禿頭でしょ。で、世界遺産 「 清水寺 」 の門前に

DSC01686_convert_20171001211920.jpg

「 首ふり地蔵 」 

DSC01698_convert_20171001212052.jpg DSC01695_convert_20171001212121.jpg

首がゴロゴロ音を立て360度回る。人の良すぎる幇間 ( お座敷の太鼓持ち )

が他人の借金を肩代わりしたあげく極貧で亡くなった。哀れに思った芸者衆が

お金を出し合い地蔵を寄進したとか。皆知らないから隠れスポットですよ!

DSC01722_convert_20171001212952.jpg

二年坂から産寧坂をたらたら下ると、

DSC01742_convert_20171001213006.jpg

ネコ。 ” 耳をケガしています。修理中! さわらないでね ”

DSC01757_convert_20171001213052.jpg

バロン吉元なっつかしいな。 「 どん亀野郎 」 「 高校四年 」 耽溺したなァ。

山松ゆうきちや新田たつおも好きなんだけど誰とも話が合わんからこれでやめる。

DSC01769_convert_20171001213119.jpg

ここのわらび餅は食べる前から です。 「 洛匠 ( らくしょう ) 」 。

DSC01761_convert_20171001214116.jpg

傘に隠れて何か書いている。

DSC01784_convert_20171001214145.jpg

原了郭 ( はらりょうかく ) のカレー屋閉めたって!

やってるのはJ R京都駅のんだけだって!

DSC01796_convert_20171001214206.jpg

第二目標がある。

DSC01809_convert_20171001214231.jpg

錦 ( にしき ) 市場。黒門と同じで立ち食いストリートに化けてる。

DSC01810_convert_20171001214841.jpg

「 ガーネッシュ 」 とよほど相性悪いな。15時まで営業で今15時4分・・・。

DSC01834_convert_20171001215403.jpg

「 御金神社 」

DSC01837_convert_20171001215512.jpg

シマタ 「 みかねじんじゃ 」 や! ジモティに道訊いた時 

  「 おかねじんじゃどこですか? 」 

言うてもた。またひとりガメコイやつが・・、思われたね。

DSC01850_convert_20171001215548.jpg

絵馬が欲のマタンゴ。


   「 LOTO当たりますように 」

   「 万馬券大爆発!! 」

   「 お金に困らずたくさん入ってきますように 」


DSC01873_convert_20171001220402.jpg

京都500軒の有名料亭やレストランにお酢を卸してる

「 齋 ( いつき ) 造酢店 」 。 老舗ほど目立たないのが京都。

DSC01908_convert_20171001220541.jpg

「 壬生寺 ( みぶでら ) 」 

DSC01912_convert_20171001221658.jpg

名前でお分かりの通り、ここは 「 壬生狼 ( みぶろ ) 」 と揶揄された

新選組の面々が訓練したり血なまぐさい惨殺劇を演じた舞台なのです。

DSC01932_convert_20171001220624.jpg

” 出開帳 ( でがいちょう ) ” とは ” レンタル地蔵 ” 。

地蔵さんのおらぬ町内に志納金3千円でお盆期間貸出します。

DSC01938_convert_20171001220659.jpg

水彩絵の具 ( 油性はダメ! ) でお化粧したり涎掛けをつけてもオケ。

お盆前に入魂します。どなたをお借りしてもよいのです。

DSC01923_convert_20171001220713.jpg

境内には入居一時金3千万台を中心とした有料老人ホームもあって、

寺院経営は順調なよおですポクポク。 ( 木魚の音 )

   DSC01956_convert_20171001222902.jpg

    帰りの道すがらこんなお地蔵さんを発見しました。

DSC01959_convert_20171001222922.jpg

猿、かな?

DSC01967_convert_20171001222959.jpg

「 原了郭 京都駅八条口店 」  

DSC01974_convert_20171001223025.jpg


” 人気№1 とり天カレー ” をチョイス。黒七味をかけるのがお薦めだって。

カレーの甘さ VS 七味の辛さ。とり天のふっくら VS 九条ネギのぬっちり。

空腹を考慮して満は控えよっと。でも相当に美味いです! 1296円。


              

Home > 京滋・北陸 > 10月 1日

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top