FC2ブログ

Home > 旅するイタリア語&古澤さん >  古澤さんとロマの旅

 古澤さんとロマの旅


DSC06579_convert_20190922143610.jpg

今日も今日とて古澤さんは、ハンガリーへやってきた。

DSC06584_convert_20190922143623.jpg

流浪の民ロマの音楽を求めて。

DSC06592_convert_20190922143638.jpg

「 ジプシー楽団の人にジプシー音楽って本当はどんなものなんだろ、

  ってことを一度もちゃんと話を訊けたことがないんです 」

DSC06595_convert_20190922145509.jpg

破綻のない正確な演奏でクラシック界期待の新星といわれた古澤さん。

しかし25歳でアメリカの音楽学校に留学した時、

 「 自分の心の内を自由に表現せよ 」 

という課題を与えられ、楽譜がなければ何も弾けない自分に気が付いた。

DSC06596_convert_20190922145525.jpg

バイオリンに触れることすらできない日々 ・・・。

そんな時友人が貸してくれたロマ音楽のカセットテープに衝撃を受ける。

 「 彼らの音の中にいろんな感情が聞こえてくる。

     先ずあれがあって僕が自由になれました 」

DSC06615_convert_20190922152924.jpg

ブダペストで知古の音楽家を訪ねた古澤さんは、ロマの人たちが

ロマ本来の音楽でなくクラシックを勉強していることに驚く。

DSC06619_convert_20190922152951.jpg

ロマ音楽の源流を求めルーマニアはトランシルヴァニア地方へ。

DSC06633_convert_20190922153038.jpg

ロマの出自は今のインド北西部。およそ千年前、異民族の侵攻によって

故郷を追われ、中東からヨーロッパへ移動と定住を繰り返し各地に広がった。

DSC06636_convert_20190922154614.jpg

 「 なんか、おみやげ屋さんでできたみたいな家だな 」

DSC06652_convert_20190922154716.jpg

あご当てを使わないどころかバイオリンの角度を自由に変えて演奏する。

DSC06647_convert_20190922154732.jpg

コントラバスの手作りの弓に驚く古澤さん。

 「 弓とのこぎりの間ぐらいの感じですかね 」

DSC06657_convert_20190922160249.jpg

敬虔なクリスチャンのシュテファンさん。

ロマは定住した土地の宗教を受け入れる傾向がある。

DSC06662_convert_20190922160310.jpg

 「 昔も今も私たちロマは苦労ばっかりだ。損な役回りなんだよ 」

DSC06674_convert_20190922161541.jpg

複雑な民族問題を抱えるトランシルヴァニアでは

音楽は常に人々を束ねる手段として利用された。

DSC06682_convert_20190922162218.jpg

 「 選挙があるたびに投票所に駆り出されたんだ。朝から晩まで

   演奏しなくてはならなかった。 ” ルーマニアは素晴らしい ” 

   といった曲だよ。もちろん強制的に弾かされたんだ。タダ働きで 」

DSC06700_convert_20190922163408.jpg

インド北西部に住むカルベリヤ族。

音楽や舞踊を生業とする彼らの祖先がロマの起源といわれる。

DSC06687_convert_20190922163438.jpg

彼らは流れ着いた先で人々が好む音楽をその土地の楽器を使い演奏した。

この交流の中からロマが歩んだ道には新しい音楽が次々と産み落とされた。

トルコのベリーダンス、マケドニアのブラスバンド、スペインのフラメンコ ・・・

DSC02265_convert_20190922205147.jpg

 「 あんた、頭に巻いてる物は暑くないの? 」

 「 でも、暑くなったり寒くなったりするから。

   だってみんな被ってるじゃないですかエヘヘ~ 」

DSC06716_convert_20190922185158.jpg

古澤さんは、 ” カルダラリ ” と呼ばれる放浪のロマと旅をする。

DSC06719_convert_20190922185223.jpg

カルダラリのなりわいは金物づくり。廃材を使って鍋やバケツ等を作る。

使う道具は金づち一本。溶接しなくても鍋の底を簡単にくっつけてしまう。

DSC02266_convert_20190922185351.jpg

「 なべ職人のおでましだ! どれも丈夫だお買どく! 」

DSC06735_convert_20190922185508.jpg

「 買うわ 」「 じゃワインととうもろこしの粉だ 」

DSC06758_convert_20190922194015.jpg

働いた者も怠けていた者も食べ物は均等に分け合うのがしきたり。

放浪生活では一族40人全てがひとつの家族なのである。

DSC06764_convert_20190922194036.jpg

1942年、5歳だったトマさんは家族とともに強制収容所に送られた。

 「 たくさんの人がひどい目にあったんだ。死体は枯葉みたいに

   そこら中にころがって、歩く人々に踏まれていた 」

DSC06775_convert_20190922194103.jpg

戦争が終わってみれば、ヨーロッパ各地で50万人ものロマが殺されていた。

しかしユダヤ人には謝罪と補償がなされたのに対し政治的な組織をもたない

ロマには何の償いもなかった。その後社会主義の時代となり定住を強制される。

DSC06778_convert_20190922194136.jpg

チャウシェスクが倒れた後も迫害は終わらなかった。過激な民族主義が

台頭し、集落への焼き討ちが相次ぐ。ロマへの暴力は今も絶えない。

DSC06783_convert_20190922194334.jpg


  陽が沈んだころ 町を通った

  ああ神さま その時だった

  一人のロマが飛び出してきた 手にかごをかかえて

  彼の身があぶないよ 彼のことを助けて

  私の愛しい仲間よ どうなってしまうの 神さま


DSC06797_convert_20190922194421.jpg

「 明るいようには聞こえなかったし、明るくも悲しくもない何かだったんですね。

  きのう今日の悲しみじゃないからね。旋律自体が悲しい必要も決してなくて、

  彼らの悲しみはもっと深いところにあるんじゃないかな 」

DSC06807_convert_20190922194441.jpg

彼らと別れ、ルーマニアをさらに南へと向かう。

DSC06813_convert_20190922200724.jpg

” タラフ・ドゥー・ハイドゥークス( 義賊の楽団 ) ” は

クレジャニ村の楽士だけで結成されたロマの楽団である。

13人のメンバーは30代から70代まで幅広い世代に及ぶ。

DSC06819_convert_20190922200816.jpg

ハイドゥークスのメンバーは世界的に活躍するよおになっても村を離れない。

外貨を稼ぎ、比較的裕福なメンバーの一人カリウさんは毎日親せきや

近所の人を食事に招く。その数は多い時で30人に及ぶ。

DSC06820_convert_20190922200836.jpg

 「 ご飯もスープもまだあるから。あとで牛肉のステーキも出すよ! 

   それでも足りなかったら鶏肉も買いに行くよ。なんとかなるものさ 」

DSC06831_convert_20190922204414.jpg

 「 このグループが、違う世代で演奏してるのがすごく感動したんですけど 」

DSC06841_convert_20190922204442.jpg

 「 若い客を喜ばせるのは若いやつらでいいが、年寄りの客には

   ワシら年季の入ったベテランでなきゃだめなのさ 」

DSC06848_convert_20190922204521.jpg

ハイドゥークスの一番難しい曲を古澤さんが弾きこなしたと聞き、

メンバーが集まってきた。そしてセッション実現!!

DSC06869_convert_20190922204600.jpg

 「 やりますね日本の方! 腕が熱いでしょう! 」

DSC06887_convert_20190922204623.jpg


 「 戦争があったり、苦しい目にあってきた彼らが生き抜いてきた、

   その強さそのものがあの音楽なんじゃないかと思います 」


   


Comments:8

千本桜 URL 2019-09-23 (月) 00:06

貧食亭で古澤さんを、知ったのです。手軽にYouTubeで作品を拝聴できるので、古澤さん演奏のツィゴイネルワイゼンを聴いたら鳥肌ものでした。

ロマの人たちの悲しみ寄り添う古澤さん、また、私達に教えてくださるトク様も優しいなと思いました。

茉莉 URL 2019-09-23 (月) 01:05

はじめまして。

ロマの音楽はいろんな作曲家にインスパイアされてて流浪で鍛え上げたパワーを感じます。
よろしかったらロビー・ラカトシュの”チャルダッシュ”も是非。

Re. 千本桜さん URL 2019-09-23 (月) 05:07


今YouTubeありがたいですね~世界中どこにいても同質の教育を受けれると思います。

( エジュケーショナルな利用をすればですが ) 古澤さんはイタリア語講座で知って、お人柄がすごくいいな~、と。

んでちょっと熱を入れてこの記事を書いてみました。お褒めありがとおございます!

Re. 茉莉さん URL 2019-09-23 (月) 05:14


お越しいただきありがとおございます! ” つながることでコンタミ( 汚染・混淆 )されて強さを得る ”

なんて言いますがロマはまさにそれだと思います。純粋=オリジナリティじゃない。同じことが大阪の食にも

言えますねきっと。ロビー・ラカトシュ初耳です。YouTubeで観てみます!

千本桜 URL 2019-09-23 (月) 09:03

トク様、茉莉様、おはようございます。
茉莉様のコメント発見!
茉莉様のブログ、あらゆるジャンル(本、料理、旅行etc.)が万華鏡のようにキラキラと散りばめられていて、いつも楽しみに拝見しております。クラシックにもお詳しいのですね〜。

私も昨日京都いきました。サカイの冷麺食べに(笑)この差はなんなんでしょうねー。

※トク様、コメ欄の私用失礼しました!

トムヤムクン URL 2019-09-23 (月) 11:56

こんにちは!
「カルメン&ロラ」という映画でロマの方々の生活を少し知ったのですが、
絶対的家長制度&男尊女卑なんですって。


女性は読み書き能力不要、仕事したけりゃ床屋でバイト。
家にいて男性に仕えて子を育むみたいな。
彼ら&彼女らの人生はレールの上、海も知らず飛行機も乗った事無し。

そのせいか負のイメージしかなかった彼らですが、
古澤さんとロマの旅で少し見方を変えられそうです。

茉莉 URL 2019-09-23 (月) 13:53

この場をお借りいたしまして。。。

千本桜様、はじめまして。
早速身バレしてしまい動揺しています。
物忘れの激しい私の備忘録です。読んでくださってありがとうございます。光栄です。
たいしたことを書いてませんのに万華鏡のようにキラキラなどと過分なお褒めの言葉を
ありがとうございます。
精進いたします。。。。

Re. トムヤムクンさん URL 2019-09-23 (月) 20:08


先住民の権利を奪う時にその後進性を材料にするってのは昔からの常とう手段で、インディアンやアボリジニは

それで文化を破壊されてきたという過程があります。( 法律の厳密解釈でウルルに登れなくなるってのは最近

知りました。びっくりですね ) 韓国併合はその近代化に寄与したから正しいんだという論調が今さかんに喧伝

されるのもその流れです。ロマは国境を無視するので為政者には困った存在なのでしょね。放浪が伝統ってのは

我々が箸を使う伝統と似てて、別にスプーンやフォークでもかまわない、むしろそちらの方が楽なのに

やっぱり箸に固守するのと似てるかもしれません。昔日本を訪れた外国人が狭いかごに押し込められ魚の死体を

食わされたと書き残しましたが、日本から見れば大名待遇でかごで移動し新鮮な魚でもてなしたのですから

これはもお文化の行き違いとしか言いようがありません。ロマの文化や生活にもある種の合理性があるのかもです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/3360-f8080eba
Listed below are links to weblogs that reference
 古澤さんとロマの旅 from 貧食亭日記

Home > 旅するイタリア語&古澤さん >  古澤さんとロマの旅

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top