FC2ブログ

Home > 京都・滋賀 >  大津祭

 大津祭


DSC08308_convert_20191013221736.jpg

 「 からくりを遣うところは高山祭と同じなんですね 」

 「 何言うてますのん。ウチの方が百年早いんですよ 」

そおのたまわったご婦人を覚えているか? ワイは忘れない。

DSC08319_convert_20191013221909.jpg

「 大津祭( おおつまつり )」

DSC08366_convert_20191013222119.jpg

京阪が一時運休になるはずですワ。

DSC08387_convert_20191013222156.jpg

なぜ有象無象が呆けたよおに後を追うかというと、

DSC08409_convert_20191013223006.jpg

曳山正面のからくりをみた後ちまきや手ぬぐいを投げるんだ。

DSC08419_convert_20191013223310.jpg

所望( からくりを演じる )場所は二十数か所。曳山は全13基で、

13種全部を集めるため1日付いて廻る熱心な方もいるそお。

DSC08424_convert_20191013223342.jpg

赤いもうせんは「 ちまきくれ~ 」のサイン。住民特権で優先的に

投げてもらえるが外れたら下の亡者が持ってってしまう。あな恐ろしや。

DSC08440_convert_20191013223506.jpg

午前巡行が終わり、昼休憩。

DSC08490_convert_20191013224330.jpg

大津はその昔水運でたいへん栄えたそお。北前船の荷を

三国や小浜に降ろし陸路で琵琶湖北岸の塩津へ。再び船で大津。

豊かな町衆が豪華な曳山を競い合い今に至る。

DSC08525_convert_20191013225107.jpg

ハチワレ💛!

DSC08549_convert_20191013225249.jpg

「 三橋( みつはし )節子美術館 」

DSC08544_convert_20191013234603.jpg

えっ画家として利き腕の右手を鎖骨腫瘍で失い左手で描き続けたが

35歳で夭折! 再び粛然といたします。

DSC08542_convert_20191013225334.jpg

ブ厚くて美味しい。

DSC08561_convert_20191013230223.jpg

午後は頑張らんとね。

DSC08635_convert_20191013230428.jpg

カンダタ!!

DSC08566_convert_20191013230241.jpg

右に左によろめく姿を見て子供が直に投げてくれた。

恥ですワ。( 手ぬぐいは押し切って取ったぞ! )

DSC08522_convert_20191013235121.jpg

食べものじゃありません。玄関に飾って無病息災を祈ります。

DSC08572_convert_20191013230306.jpg

階段で登るんですな。

DSC08645_convert_20191013231415.jpg

曳き手に差し入れ。

 「 お酒もあるんですね 」

 「 まあこの辺廻るだけやから 」

DSC08692_convert_20191013231522.jpg

ワイも貰ってるし。

DSC08685_convert_20191013232230.jpg

親戚一同で来とるのか?

DSC08688_convert_20191013231709.jpg

ちまき落ちても拾えるし特等席ですな。

DSC08700_convert_20191013232958.jpg

例年ならきのうの宵山で曳山集結ライトアップだけど台風で中止。

DSC08720_convert_20191013232542.jpg

観光客があらかた帰り、

ジモティによるジモティのためのパフォで盛り上がったのち、

DSC08752_convert_20191013232607.jpg


すみやかに解体されます。


 


Comments:10

茉莉 URL 2019-10-14 (月) 00:16

こんばんは。

全国にはたくさんお祭りがあるんですよねえ。
こちら県庁所在地とはいえゴミゴミしていない感が。
最近小さいお祭りを見たいなーと思っています。
人を感じれるような。

粽と手ぬぐい投げてくれるなんて豪勢。
その資金はどこから?と下世話なことを考えましたが
きっと商店街などの旦那衆の寄付なんでしょうねえ。

私もその場にいたらよろけながらキャッチ目指すと思う!

千本桜 URL 2019-10-14 (月) 00:31

台風一過の青空の下、良きプチ旅行でしたね。大津絵もユーモラスで好きなんですが、桜吹雪舞う演出の山車も楽しそうです。
ハチワレ猫さん、人懐っこい仔が多いんですよ。原っぱにいた猫さん無事だったでしょうか?
鯖寿司美味しかったでしょうね〜。
でも、刺し身で食べたい九州生まれの千ちゃんでした!

とらぞー URL 2019-10-14 (月) 07:53

アットホームな雰囲気が伝わるお祭りですね。
イベント的な「○○まつり」じゃなくて、こういうお祭りに行きたいよう~。

jimmie-k URL 2019-10-14 (月) 14:14

粽や手拭いは、囃子方や町内関係者はそれぞれ自分で買うんですよ。それを皆さんに振る舞うんです。

Re. 茉莉さん URL 2019-10-14 (月) 18:10


曳山が主人公の祭りは数々あれどちまきや手ぬぐいを投げてくれるのは珍しいそおです。祇園祭ではありえないですね。

( 警察に止められると思う )jimmie-k さんがコメント寄せて下さってるので読んで頂くと理解が進むと思います。

ただ争奪戦は相当なもの。ちまきが当たるとけっこ痛いです笑。管理された祭りより手作り感を残した祭りの方が

ほっこりしますね~機会があれば大津祭もぜひおこしやす!

Re. 千本桜さん URL 2019-10-14 (月) 18:16


なかなか楽しかったです。マンホールの絵柄が大津絵なのも確認してきました。ハチワレ猫ってかわいいですね。

原っぱの猫さんって誰だっけ? サバ寿司はメチャ美味しかった! ノルウェー産なのかもですがブ厚いんです。

特製って書いてたから小浜のかな? 今日は一転曇天でしたので天候に恵まれてよかったです。

Re. とらぞーさん URL 2019-10-14 (月) 18:22


これが祇園祭だと曳山の後について、なんてできませんものね。大きな祭りほど管理されて闖入して踊ったりすると

摘まみだされてしまう。タイの水かけ祭りみたいなの日本であればいいのにね~。いや昨今のハロウィンなど見てると

やっぱしない方がいいかもです。

Re. jimmie-k さん URL 2019-10-14 (月) 18:24


そおなんですか。お酒もふるまわれたけどちまきや手ぬぐいもふるまいだったのですね。

町内の皆さまありがとおございました。jimmie-k さんお知らせありがとおございました!

貴子 URL 2019-10-14 (月) 19:22

大津百日館で井戸くみ体験され十月は祭りに行くぞー!のこと思い出しました。

その地に生きる方々にとって一年の節目のお祭り!と想うだけでも感慨深いものを感じます。

夕飯のお買い物、あー楽しみだなあ〜笑、今日も味見させていただきます!

Re. 貴子さん URL 2019-10-14 (月) 19:54


貴子さんナイスタイミング! テキトーに買ってきてもぐもぐ食ってます。マズくはないですご相伴下さいな。

大阪は岸和田の方は正月よりだんじり祭りが1年の区切りだと話しておられました。まだ日本が農耕社会の頃

収穫が終わっての秋祭りは1年の労苦を報い神仏と収穫に感謝し地域の一体感を高め伝承やしきたりを次世代に伝え

厳しい冬を迎える覚悟を養う大変重要な儀式でありました。ワイら部外者はむしろ ” 参加させて頂く ” 気持ちが

大事かと思います。おまけにちまきや手ぬぐいまでもらっちゃったし!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/3380-c9765f8b
Listed below are links to weblogs that reference
 大津祭 from 貧食亭日記

Home > 京都・滋賀 >  大津祭

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top