fc2ブログ

Home > 無題 >  冬 9

 冬 9


DSC01512.jpg

柿好きの子規は漱石の下宿に滞在したらしい。例の「 柿くへば・・・ 」の句は

漱石の「 鐘つけば銀杏散るなり建長寺 」に張り合ったものだとも言われる。

DSC01577.jpg

佐藤忠良と舟越保武はともに戦後日本を代表する彫刻家だが、

その二人を追想した安野光雅さんの文章がいいんだ。ちょっと長いけどとりあげる。

DSC01573.jpg

” 有楽町のマリオンで佐藤さんの個展が開かれた。呼ばれた人々はこもごも祝辞を

のべたが、終わり近くなって車いすに乗った舟越保武さんがきた。みんな花道でも

開けるように沈黙した。舟越さんは口をひらいて、「 彼は学生の頃からいつも

議論をふっかけ、芸術について熱く語るのがうるさかった。その彼が、足は萎え、

手は不自由になるぼくを待っていたかのように、こんな見事な展覧会をひらいてぼくを

うらやましがらせる。でもぼくは彼に負けまいとして、やっと彫刻家になれたのだ 」

といった。みんなは笑うところでも涙し、水を打ったように静かに聞いた。”

DSC01582.jpg

日本初のショーウィンドーを仕掛けたのが京都の高島屋らしいぞ。

DSC01597.jpg

あと百貨店初の冷房や今でいう百均、北海道物産展も高島屋が最初。

DSC01602.jpg

初出店? これは買わなきゃ!

DSC01558.jpg

そーいや「 高島屋史料館 」がリニューアルしたって。( 無料 )

DSC01543.jpg

横山大観から小倉遊亀、梅原龍三郎、東山魁夷、東郷青児・・・

玉虫厨子は複製だけど、

DSC01546.jpg

ホントに玉虫。( タブン )

DSC01523.jpg

撮影可スポットがいくつかあってブロガーに優しいですね。

DSC01535.jpg

ローズちゃんコーナーあります。

DSC01619.jpg

「 バターズ 」。手土産レベルなれど3個864円。

でも関西初上陸なんていわれると並んでしまうんだ。

DSC01613.jpg


シチューごはん。豚白菜ベースなので少し茶色い。



   にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ



Comments:10

MONICA URL 2020-12-11 (金) 04:45

あー素敵ですね!行ってみた〜い!
東京の上野松坂屋?どこだったかな〜
古い建物で天井が低いんですよ。
階段、エレベーターのとこだけですが
エレベーターも昭和レトロで
タイムスリップしたみたい。
豚×白菜 よき🙏✨

まめ URL 2020-12-11 (金) 08:42

彫刻に関してはまったく門外漢なんですけど、どこか東北の美術館で常設されている舟越保武を見て、凄いなと思った記憶があります。作品に対して凄いなと思ったよりも、晩年、脳梗塞か何かで手が不自由になった後、左手で制作を続けたって解説文に驚嘆したような気がします。ぼくもそういう気概というか、覚悟を持って創作したいと常々思ってはいるんですけど、そういうステージにはどうもたどり着けないようです(笑)。安野さんテキスト良いですねぇ。紹介していただいて感謝です。

Re. MONICAさん URL 2020-12-11 (金) 10:38


いーでしょ特にエレベーターがレトロで。( リニューアル後は従業員専用になったけど、見るのは自由 )

日本橋の高島屋にもあるそーですよ史料館。できたの去年だからレトロではないと思うけど。

梅田の阪急も昔はじゃばらドアのエレベーターでした。昔の時点で既にレトロ笑。中華好きのモニさん京都に

遊びにきたらいいのに。じゃばらエレベーターの中華屋さんあるんですよ鴨川沿いに!

Re. まめさん URL 2020-12-11 (金) 10:49


お茶碗とお箸だけってのが象徴的だなァ。1客ですよね? よほどのお怒りだったのかもと拝察。そーかあの加藤が・・・

そーいうやつだと観てました。生臭坊主ですな笑。で、佐藤さんが北海道に創作の旅に出られる時舟越さんに

いついつの列車って書き送ったらひとり盛岡駅のホームに立ってたそーです。お二方はガミラスとイスカンダルのよおな

ご関係だったんでしょね。安野さんの文章も実によくて、ご紹介したいと思った次第です。

貴子 URL 2020-12-11 (金) 18:09

安野さんご紹介ありがとうございます

茶色いシチューごはん味見してみたいと思いました!笑

かのん URL 2020-12-11 (金) 19:06

歴史ある大型百貨店、ロマンがありますよね^_^
幼少期に祖母にこっそり連れて行ってもらったおもちゃ売り場なんて、
もう夢の国に思えました。

彫刻家のS氏&F氏は必ず美術の教科書に載ってましたね。
平面で見るブロンズ像は退屈に見えてましたが、
何かの縁でS氏の作品生で観る機会があった際に
ドンと感銘を受けた覚えが。
まだ存命だった氏にファンレターまで書いたんですが、
時の流れで結末が思い出せません(若気の至り、笑

ラストのシチューライスは貧食亭冬の限定メニューでしょうか!
身も心もあたたまりそうです^_^
ごちそうさまでした。

千本桜 URL 2020-12-11 (金) 22:36

芸術家や文学者は孤高のイメージがあったんですが、なかがよかったり悪かったりがあるんですよね。

中島敦さんも非常に家族思いであらせたり。。これは三浦しおんさんの受け売りです。

戦友のごとく、切磋琢磨されたんですね。
美しい光景でしょうね!

安野雅光さんの美術館少し展示が少ないのですが夢中で見てしまいます。
子供時代にタイムトリップします。

Re. 貴子さん URL 2020-12-12 (土) 05:00


良い文章でしょ? 佐藤さんも舟越さんも既に鬼籍に入られたことを考えると、ちょっと粛然といたします。

シチューね、和風味でしたわ笑。ワイは美味しかったけど、おもてなしにはうーんどおかな? ってお味でした。

Re. かのんさん URL 2020-12-12 (土) 05:09


昔の百貨店ってよそいきの世界でしたね。よそいき着て買い物して、屋上遊園地上がって、大食堂でごはん!

おもちゃ売り場ホント夢の国でした。買えなくても触って遊べるものね。でも、” こっそり ” だったんですね~

ありゃファンレター! お返事もらえたのカチラ? なくても落胆しなくていいですよたいていマネージャーどまり

だから。ご本人見てないし。ワイ石牟礼道子さんに書いたことあって、弟さまから丁寧な返信頂きました感激!!

シチュー限定めにうです。豚白菜ベースなんてちょっとよそではございませんぞ笑。あったまった? ヨカッタ!

Re. 千本桜さん URL 2020-12-12 (土) 05:17


友人と言えどライバルですものね。モーツァルトとサリエリみたいなもので、( あの話は事実じゃないらしーけど )

愛憎半ばすると思います。でもお互いにリスペクトしあうって美しい! 佐藤さんと舟越さんのご関係ってすごく

素敵なものだったと思うんです。で、安野さんという優れた伝道者を得た。安野光雅美術館、津和野にあるんですね。

萩、津和野行ったことないなあ。行きたいけどなァ。うーんコロナなんとかならんでしょか?

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/3739-2277c9bb
Listed below are links to weblogs that reference
 冬 9 from 貧食亭日記

Home > 無題 >  冬 9

FC2カウンター
アーカイブ
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top