fc2ブログ

Home > 無題 >  雛祭り

 雛祭り


DSC00313_convert_20240228154514.jpg

内閣支持率アンケートかけてくな! 出たら電子音声とは卑怯なり!

あとおかしなリフォーム会社も用事ないって。

DSC00329_convert_20240228154818.jpg

「 鷹岡ビル 」

DSC00340_convert_20240228154934.jpg

鷹岡家に伝わるお雛さま。

DSC00336_convert_20240228155044.jpgDSC00346_convert_20240228155144.jpg

茶道具だが手のひらサイズである。

DSC00355_convert_20240228155225.jpg

ほら、ワイの親指がこの大きさ。( 遠近ほとんどありません )

DSC00369_convert_20240228160410.jpgDSC00366_convert_20240228160201.jpg

芝川家のお雛さまは撮影不可。「 第10回船場のおひなまつり 」。

なんと今年でファイナルってんで名残に見に来ました。

DSC00389_convert_20240228160507.jpg

神農さん( 薬の神様 )で知られる「 少彦名( すくなひこな )神社 」には、

DSC00384_convert_20240228160621.jpg

別所家のお雛さま。

DSC00380_convert_20240228170457.jpgDSC00385_convert_20240228170529.jpg

” 船場で茶道具商を営む斎藤家の次女キクが別所家に嫁ぐ際、嫁入り道具として

持参したと言われる。キク存命中は毎年雛祭りにはこの雛飾りを出して祝ってました。 ”

DSC00462_convert_20240228161829.jpg

五代友厚像が睥睨する「 大阪証券取引所 」には、

DSC00419_convert_20240228172343.jpg

豊田家のお雛さま。

DSC00411_convert_20240228161948.jpg

” 昭和7年( 1932 )、当主善右衛門に長女馨子が誕生した際、高麗橋の祖母、

” 大阪ばあちゃん ” が贈った ” 。関東大震災の後東京を上回る発展を遂げ、

大大阪( だいおおさか )と言われた頃ですからお雛さまだってすごいわけです。

DSC00422_convert_20240228162232.jpgDSC00423_convert_20240228172218.jpg

” 善右衛門はその後三女に恵まれ各々には誕生の際に市松人形が贈られました ”

DSC00465_convert_20240228164855.jpg

佃煮 ・ 塩昆布の老舗「 神宗( かんそう ) 淀屋橋本店 」。

DSC00479_convert_20240228165149.jpgDSC00489_convert_20240228165218.jpg

塩昆布煮汁ソフトクリーム小豆付き。( 300円 )

DSC00494_convert_20240228182251.jpg


如月( きさらぎ )も明日で終わり。明後日から弥生( やよい )三月春間近。

いつも温かいコメント、励みになる応援クリックありがとおございます。

ぼちぼち~と書いてゆきますのでこれからも応援よろしくお願いいたします。



         にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ



Comments:12

とらぞー URL 2024-02-28 (水) 20:13

>お雛さま
実家にもありました。
豪華7段飾り。
出すのも大変、飾るのも大変。
片づけるのは、さらに大変でした。

友人の実家では、彼女が仕事で家を離れてから
彼女の母親が「さみしいから」と玄関先に市松人形を飾ったそうな。
実家に帰るたびに「市松人形と目が合うのよ~」と怖がっていたっけ。

近所では沈丁花が満開でした。
季節が早すぎだよ。

貴子 URL 2024-02-28 (水) 20:52

シルバニアファミリー!を思い出しました

Re. とらぞーさん URL 2024-02-28 (水) 21:00


人形は怖いですよ。勝手に人格を植え付けてご都合的に愛してると復讐されます。ご用心ご用心。

なし崩しに春ですね~。もおその気になっていいと思います。

Re. 貴子さん URL 2024-02-28 (水) 21:03


シルバニアファミリー? うさぎのんかな? ワイは座布団の上のお猫に注目です。

ぷーちゃん* URL 2024-02-28 (水) 21:05

こんばんは。
「第10回船場のおひなまつり」って
あるんですね。
今年で終了とのこと
見に行けたらいいんですが…。

紀の川市の「粉河とんまか雛通り」も
10周年ですが今年で終了とのことです。
こちらも一度も見に行けていません。

川西市かな…の青山短大に徳川家の雛人形を
見に行ったことはあります。
奈良の高取町「町家の雛めぐり」も
行きましたが
だんだら坂になっていてしんどかったです。
こちらも18回目となる今年で最終回とのこと、
だんだんと少なくなっていきますね。

わたしはお雛さまを持っていなかったので
すごい憧れがありました。 
この時期には買うわけではなくても
デパートに見に行くほどでした。
そしてお気に入りを見つける…です。

小学生の時に
近所の年下の友達ちには雛人形があって
おばちゃんが飾るといつもわたしを
呼んできてあげ…と言ってくれて
出してある間は遊びに行くと
必ず見ていました。
小さなケース入りの木目込人形でしたが
お道具まで揃っていました。
あとになってわかった新事実は
友達はその雛人形が大嫌いやった…と。 
陰気くさかったらしいです。

わたしはいまでも雛人形が好きなんです。
市松さんも欲しいくらいです。
これまた持っていた友達は髪の毛は切るわ、
腕は千切ってしまうわ…を見せてくれて
なんか、市松さんって怖いやんか と
言っていましたが
怖いのはあんたやろ と言ってやりました。

津和野で市松さんばかり並んでいるお店に
行きましたが
見事なのは人形ばかりではなく
お値段も見事でした。

わが家にはちっちゃなちっちゃな陶製の
雛人形を飾ってあります。二組。
あと色紙額も飾ってあります。
やはり歳は重なっても節句はいいものです。
ああ〜〜雛人形loveを語ってしまいました。

世論アンケートや内閣支持率アンケートの
電話はかかってきますが即、切ります。
一度も答えたことはありません。

ソフトクリームは昆布の煮汁で炊いた小豆が付いているんですか。
めっちゃ美味しそうです。
昆布が付いてても全然OKです。

Re. ぷーちゃん*さん URL 2024-02-29 (木) 06:39


昨今、雛人形自体が流行らなくなってますね。仏壇と同じで団地サイズのものしか売れないとか。

昔はある意味富の象徴だったんだろけど今は価値観も変わったし、高齢化、少子化となると出すのも大変、

飾るのも大変、そもそも女の子がいない、なんでしょね。おひなまつりは3日までですのでよければお越し下さいませ。

ソフトクリームはクリームの方が昆布の煮汁入り、小豆は普通でした。意外と美味しかったです。

ちゃん URL 2024-02-29 (木) 09:31

工場ラインはいずれの業種も過酷なんですね・・・。車一台1分40秒って!完全分業化だけどそのスピードじゃ緊張感半端ない。そこに人的プレッシャーかかれば、言わずもがなです。トクさん厳しい勤務状況下でお勤めだったんですね。
プレッシャーといえば企業の挨拶用タオル梱包の内職を夜な夜な睡眠時間削って納期に間に合わせるプレッシャーが記憶に残ってます。対価2、3000円だったかな。内職のキツさを体験した時期でした。楽な仕事なんてないけれど、山崎さんは命を失ってまでやる仕事ではなかったです。改善されるべし。井の中の蛙にはトクさんのコメント勉強になりました。

訳あって昨年のお飾りを最後に我が家のお雛様は神社に奉納させていただきました。これからはトクさん同様、展示公開会場に足を運んで愛でるスタイルです。今週末行けるかなァ。小さいお雛様たちにお茶犬を思い出しました。

「塩昆布煮汁ソフトクリーム小豆付き」
甘いしょっぱいですか?あの塩昆布を少量の水で茹で、ソフトクリームと甘い小豆煮を添えた感じでしょうか?お味の感想もぜひ聞かせてください。

ラストのご飯はすき煮ですか?ご飯進みますね!
快食快便の毎日ならば、それだけで幸せです。
弥生3月もきっとあっという間でしょうね。人生夢のごとくかも。
今後ともよろしくお願いします!


Re. ちゃんさん URL 2024-02-29 (木) 19:39


過酷なんです。でもそれは例えばアフリカの部族で男が成人になるための儀式( わざと象を怒らせてこちらに

突進させるのですが、その際に仲間を見捨てるという失態を犯した男はその後10年間誰に話しかけても

いけないというペナルティを負いました )に比べればものの数じゃないです。社会の構成員として成熟することを

要求するのが ” 仕事 ” だと規定すれば、単能反復作業はただ利潤の奴隷になってるだけ。

本当の過酷さはそこにあると思うのです。チャップリンは何十年も前にそれを指摘したんですね。

内職キツイでしょ。24時間は平等だけど、持つ者持たざる者の差はそーいうところにはっきり出てきます。

おや、神社にご奉納。陰徳を積まれましたね。展示会場もさることながら、各地の人形供養されてる

神社仏閣にお参りされるのもよいかと。和歌山の淡島神社は何度か記事にしましたが、供養の日を待つ、

でも持ち主にちゃんと奉納された人形たちは一種光り輝いて見えます。松屋町の雛人形店のお人形さんと違い

” 経て来た人生 ” を漂わせています。お茶犬なつかしー。確かワタクシ持ってた・・・

ソフトクリーム、クリームにわずかに昆布が香ります。もっとたくさん入れてもいいのに。抹茶ソフトとか、

味噌ソフトとか、たいてい名前負けなんですよね。クリームの質がよくて( 老舗の見栄でしょか )むしろ

小豆の甘さが邪魔でした。ラストはいつもの業スーの牛丼。勝手にすき焼き風にアレンジしましたです。

こちらこそ来月もよろしくお願いいたします!

ちゃん URL 2024-03-01 (金) 08:33

クリームに塩昆布ですか!あおさやワカメなどチャレンジングなご当地ソフトがあるようですが、チャレンジしても腰が引けていていまいちわからないものもありますねー。

そうですね!奉納させていただいた神社を参拝しようと思います!

チャップリンの無声映画、父親と一緒に観てました。当時は彼の意図するところがわからなかったけれど未だに印象強い。

れいもあ URL 2024-03-01 (金) 17:35

とくさん、こんにちは~。
ああ、もう三月。早いですね~。ひな人形オールスターズ、種類豊かで楽しめました。
手鞠を見るのもすごく久しぶり。
茶器(茶道具)のデザインが可愛らしい。

展示品のサイズより、とくさんの爪の形に気を取られました。
ピアノとか、鍵盤楽器をしてる人の爪っぽいなぁ、と。ハズレかな??

人形の足の裏の相まで作り込まれている!職人技!

少彦名神社 お詣りしたことありますよ。(すくなひこな で変換できませんでした。)
オフィス街の一角にあり、狭い境内にぎっしりと灯籠やら鳥居やらがあったような覚えが。
意外と早朝でも参拝者が多かったですね。
通勤途中のサラリーマンの立ち寄りスポットになってますね。

豊田家の子達、皆、同じ髪型! 

神宗は淀屋橋に本店があるのですね。
『塩昆布煮汁ソフトクリーム小豆付き』 ですか。お値段が良心的で良いですね~。
塩昆布をトッピング ではなく、煮汁のソフトか。
「昆布を茹でた煮汁って、もったいないよなぁ。なんかの商品にでけへんかなぁ。」
ってな 商売人のつぶやきが、ソフトクリーム開発の由来だったりして?!
淀屋橋に行ったときに、立ち寄ってみるとします(いつになるだろう...)。

あ、張り込みあんぱん、美味しかったでーす。

Re. ちゃんさん URL 2024-03-01 (金) 19:01


ソフトクリームやカレーに多いですね。ちょいとエキスを入れるだけでレアものに変身するっての。

ほとんどが3割ほどお高い上に入ってるか否かワカランってのん。( 笑 )

ここのん良心的でした。ちゃんと昆布してたし、ちゃんと美味しかったです。

チャップリン、あー語ってしまいそお。( 反省々々 ) 常にキートンと比較されるけどチャップリンは

ある意味 ” あざとい ” んですね。わかり易い大衆路線。寅さん的かも。でもやっぱりワイを含めて

大衆が、「 我らがチャーリー! 」と叫びたくなるセンチメンタリズムがあって好きです。

Re. れいもあさん URL 2024-03-01 (金) 19:16


三月! いやいやー陰鬱な梅雨と物狂おしい猛暑を夢中で駆け抜けたらたちまちクリスマスですよ。

「 1年あっという間やったな~ 」ってね。

ええっ爪の形? ピアノ調律師? まさかァ~! なんでこんなに四角張ってるのか自分でもワカランのですけど、

ピアノ弾くには不向きな形と指の長さです。最近ピアノしてないなァ・・・。( 遠い目 )

すくなひこなさん、ニッチな敷地だけど深く信仰されてるみたい。大手中小製薬メーカーが氏子だし。

お雛さんだけでなく参拝者がひっきりなしでしたよ。

豊田さんルックスもいいと思いません? ( お金持ち=ルックス良の信奉者ですワタクシ )

神宗、このソフト良心的です! ちゃんと昆布してるしお味もグー。「 おひなまつり 」の協賛で例えば

美々卯がお高め弁当とか出してたけどこれが一番リーズナブル。さすが老舗でなんか救われましたです。

いちおう3日までなんだけど、その後も販売するのかな? お近くまで来られたらぜひ!

張り込みあんパン買われたのですね。チャレンジャー! 美味しくてヨカッタヨカッタ!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tanukibcabainejp.blog24.fc2.com/tb.php/4425-1dee0aaf
Listed below are links to weblogs that reference
 雛祭り from 貧食亭日記

Home > 無題 >  雛祭り

FC2カウンター
アーカイブ
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top