FC2ブログ

Home > ボヤキ >  ボヤキその4

 ボヤキその4


既

どおしてもこの 「 加藤君 」 ってのが他人とは思えない。2008年6月、晴天の秋葉原に

トラックで突入し、刃物を振り回して計7人を殺害したあの加藤君。検察側は 「 犯罪史上まれに見る

凶悪事件で、人間性のかけらもない悪魔の所業 」 、弁護側は 「 心神喪失か心神耗弱。不適切な

教育を受けて感情を麻痺させてしまい、掲示板に依存したことも考慮すべきだ。 」 と主張。

どちらにしても片や死刑、片や無罪を勝ち取るための補強にしか過ぎず、彼の内面を真摯に見ようとする

議論とは程遠い。 「 彼を死刑にしても何も変わらない 」 との主張が特に死刑廃止論者の側から

毎度の如く上がるけど、これじゃ無罪になったって何も変わらない。容姿の劣等感や失業する不安感、

家族や友人への不満など、彼の鬱屈は程度の差こそあれワイとかぶるの。だからあえて 「 君 」 を

付けたい。遺族のことを考えてみろって意見もあるけど、百人が百人遺族の立場に立たなくてもエエんと

ちゃうの? 少なくとも 「 悪魔 」 とか呼ばれてたりするとね、それは違うよ、って言いたくなる。

加藤君と呼びたい。人として遇したいと思うの。「 掲示板サイト 」 ってどんなものなのかは

よく知らない。ただね、ネット社会ってのは自分ひとりがいなくなってもたちどころに修復してスムーズに

流れていくの。まるでそんな人おったの? って感じ。過度に期待すると手ひどく傷つきます。彼は、

KY ( 空気読めない ) じゃなくてむしろその真逆だったのね。周りの空気が読めすぎて、

ズタズタになってしまう。 「 鈍感力 」 ってやつがあればよかったんだけど、こればかりは

生まれ付きでさ。よく言うでしょ、 「 着物と人の柄は変えられない 」 って。ともかく彼の場合、

享楽殺人でもなければ金品目当てでもない。とことん追い詰められたあげくの自暴自棄だった。

どっかで気のきいた大人と出会ってればな~。たとえばワイとか・・・。野良でも尻尾立てて元気に

生きてるってところを見せてやれたのに・・・。若い人に言いたいことがあります。

 
 1 )  ネットに頼るな。あんなものはマスターベーションと同じと思え。

 2 )  全勝を目指すな。五分五分くらいが人生の実相と心得よ。

 3 )  今までシノいでこれたのは何かその人なりの長所があったはず。それを磨け。

 4 )  嫌な職場はすぐ辞めろ。それまでの賃金は必ず受け取れ。


あんまし書くと説教ジジイになってまうんで止めとく。だけどね、例えばね、今本物の日本酒を

造ろうなんて人間全然おらんのよ。この広い世間がホンマに君を必要としてないなんて、言い切れる?



             2011年3月25日



Home > ボヤキ >  ボヤキその4

FC2カウンター
アーカイブ
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Categories
Archives
Feeds

Page Top